今日の雑学

今日の「Otona+」(新潟日報夕刊)に面白い記事を見つけました。

 

脳の重さってどのくらいか知ってますか?

 

だいたい体重の2%程度といわれているそうです。

体重が60Kgの人ならば、脳の重さは1200g前後ということになります。

とはいっても、太っている人は脳が多くて痩せている人は脳が少ない、なんてことはありません。

男女の違いはどうでしょう。

 

男性の場合は1350gから1500gといわれています。

一般的に女性の方が体格が小さいですから脳の大きさは1200gから1250gほどだそうです。

 

ほかの動物だとゾウは4000g、クジラは7000gと人間に比べてカラダも大きいですから脳も大きく重いといわれています。

 

では、脳の大きさ(重さ)と頭の良さ(知能指数)に関係があるのでしょうか。

相関係数でいうと0.4程度の相関があるそうです。

数字に弱いオジサンにはそれがどのくらいの関係なのか良くわかりませんが、全く関係がないわけではないようです。

 

ところが物事には例外があるもので、夏目漱石の脳の重さは1425gと平均的ですが、物理学者のアインシュタインの脳は1230gと軽かったそうです。

 

 

オジサンの守備範囲外のプログレッシブ・ロックの雄ELP(Emerson,Lake & Palmer)です。

アルバムタイトルが「Brain Salad Surgery」邦題は「恐怖の頭脳改革」からの一曲です。

邦題のアルバムタイトルといい、このジャケットは1973年当時中学生だったオジサンにはとてもインパクトのあるものでした。

 

 

0PEOPLE