白血病って

驚きましたねぇ。

水泳界の若きエース池江璃花子が白血病を発症したそうです。

 

白血病といえば我らがアルビレックス新潟の早川史哉も2016年に発症、

選手登録を凍結されていましたが治療・リハビリを続けた結果、昨年11月に凍結解除され、今シーズンはピッチに立つことが期待されています。

 

昨晩はNHKで、彼の復活の様子がドキュメンタリーで紹介されていました。

オジサンちの愚息の一年下の学年で、小学生の頃からその活躍が目立っていました。

年代別の日本代表にも選ばれ、森保監督となった日本代表でも活躍している南野拓実ともU-17日本代表のチームメイトとしてピッチに立ったこともありました。

 

簡単に「復活」といいますが、本人の努力はもちろんですが、周りのサポートも必要なはずです。

池江璃花子もきっと「復活」して来ると思いますが、周りが過剰な期待をかけることなく、必要なサポートを必要なだけしてあげられたら良いなと思います。

 


それにしても白血病って何なんでしょうね。

血液のがんといわれてますが、なんか良くわかりません。

若い人がこの病魔に侵されているというイメージがあります。

スポーツをしている人は割と早期発見が可能だということで、早期治療によって寛解も早まるんじゃないかと思います。

来年の東京オリンピックが目標となるんでしょうが、無理せず焦らず「復活」し、新・池江璃花子として私たちの前に戻ってきてほしいと思います。

 

 

0PEOPLE