大阪万博のロゴが…

こんにちは、【新潟市の印刷・WEB・企画のなんでも屋】ウィザップ制作部クロスメディア課のヒグチです。

日々の愚痴を綴るブログ「グチブロ」にようこそ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社新入社員のちっひーも記事にしていましたが

2025年大阪・関西万博のロゴを見て考えたこと。命とは整わないもの。

 

 

大阪万博のロゴが大変な話題です。

 


個人的な感想を言えば「大阪なら然もありなん」。

東京など他の地域ならあり得ないチョイスですが、「大阪」の一言で合点が行くという。

 

あの太陽の塔に対抗するためには小綺麗でスマートなものより、これくらいのインパクトが必要なのかもしれません。

 

それに、みんながこんなに遊びたい、いじりたいネタを提供するなんて、最高に大阪らしいじゃありませんか!

 


ロゴマークってのはデザイナーやDTPの人間にとって、絶対不可侵、アンタッチャブル、触るな危険、下手にいじるな、絶対変えるな…と慎重に取り扱うべき存在。

 

それが、これだけ多くの人にいじられ、改変され、大喜利にされる。

こんなロゴかつてあったでしょうか?

(悪い意味で旧東京五輪のロゴはネタにされましたけどね)

 

 

ぶっちゃけ、大阪万博が開催されるなんてヒグチもほとんど存じ上げなかったのですが、否が応でも認知されることになりました。

下手にタレント起用したりするより、そのPR効果たるや…。

 

 

ただ、これに味をしめて

「みんなに可愛がられるキモカワなロゴを作ろう!」

なんて安易な発想から、お寒いロゴが増えなければいいのですが…。

 

 

0PEOPLE