趣味を仕事に?

こんにちは、ウィザップDTP部のヒグチです。

花粉症でグッシュグシュになりながら愚痴を綴るブログ「グチブロ」にようこそ。

 

 

 

facebookでもシェアしたんですが、作家さんのエッセイを読んでいたく感動しました。

 

「不倫の子の胸のうち」小野美由紀

https://cakes.mu/posts/12629

 

 

内容もそうなんですが、「読ませる」「人を引きつける」テクニックといいますか…。

 

身の程知らずは重々承知なうえで、

こんな文章を書けるようになりたいと思いました。

 

 

 

最近は手抜きブログばかりなんであれなんですが、たまにブログを書いてて、すごく楽しくなる時があるんです。ランナーズハイ的な。

 

確実に本業(デザイン)よりも楽しんでいます。

 

まあ、こっち(ブログ)は仕事の一環とはいえ、趣味というかお遊びのノリですからね。

文筆を本業にしたら、きっと辛くなるんでしょう。

 

 

よく「趣味を仕事に出来たらいいよね」みたいな意見があります。

それってどうなんでしょうね。

 

ヒグチは無理な口です。

 

学生時代、ヒグチは割と本気でスポーツライターに憧れていた時期がありました。

大好きなサッカー観戦とかして、それが仕事に出来たらどんなにいいかと。

大学進学か、ライター系の専門学校に行こうか悩むくらいに。

あの頃読むのはスポーツノンフィクションばかりでした。

 

でも、大学で一時期スポーツ系雑誌でバイトしたときに悟りました。

「あ、趣味は趣味に留めておいた方がいいな」と。

 

仕事で散々サッカー見て、疲れて帰宅した後や休日にまでサッカー観ようと思うかなと?

いや、無理だ。

純粋にスポーツ観戦が、サッカーが楽しめなくなるぞと思ったのです。

 

 

TLでこんなのが流れてて妙に納得しました。

 

きっとそういうのを突き抜けて、苦にせず仕事に出来る人が一流になっていくんでしょうね

 

 

あ。でも世の経営者や管理職のみなさん。

「仕事を楽しめない二流、三流野郎が!」とか「その趣味とやらで有休使いやがって!」とか思わないでください。

 

そういう人達は…

(↑)こんな感じで働きますので、ご安心ください。

0PEOPLE