島耕作シリーズを読んで面白い漫画と感じるのは歳取った証拠かもしれない

 

今、「島耕作シリーズ」にはまっています。

 

 

島耕作32周年

 

島耕作が74歳誕生日「だから人生は面白い」 『課長 島耕作』マガポケで無料キャンペーン(よろず~ニュース) – Yahoo!ニュース

 

 

 

島耕作と聞いたらなんとなく聞いたことはあるという人が多いと思います。

 

島耕作という一人のサラリーマンの様子を描いた漫画です。

 

大手電機メーカー勤務のサラリーマンである島耕作の仕事、プライベートも含めてすべてを描いています。

 

これ本当に面白いのは、「こんなこと本当にあるのかな~、ありそうだな~」って思わせることです。

 

驚きの結末も多くて、読んでいると私のリアクションが大きいらしくて、隣にいる奥さんが「面白そうだね」って言ってきます笑。

 

島耕作シリーズは昔から連載されていて、最初の連載は1980年代の社会を舞台に描いた「課長島耕作」です。

 

これが面白いのなんの笑。自分はまだ生まれていなかったし、当然その時代の高度成長期時代の社会は知らないわけですが大変だったんだろうなと。

 

今だとセクハラ、パワハラ、コンプラ案件の大盤振る舞いみたいな感じです。

 

でもこれが面白い。

 

面白く感じるようになったのは、自分が昭和人間だということと、私自身が歳取ったせいかもしれないですね。

 

結構先が長いので少しずつ時間のある時に読んで楽しみます。

0PEOPLE