「六文そば」昌平橋

営業部のおじさん 清水です。

秋葉原から末広町駅のほうへ向かう場所からほど近くで、

「六文そば」

を発見。

昌平橋店というらしく年季が入っています。

六文そばは、店舗によって味が違うらしいので、気になって入店。

メニューは浜松町店と似ています。

六文そばといったらゲソ天なので、ゲソ天を注文。

ゲソ天は材料の価格が上がっているらしく、どのお店もイカ天より高いです。

 

出てきたのは、昭和の立ち食いそばらしい濃い色のつゆと、

太いもさもさの茹で麺。

はっきり言って、味はたいしたことないです。

浜松町店より特別うまいということもない。

それでも食べログの点が低くないのは、このそばを食べると、

昭和の記憶が蘇るからかも。

味は記憶によって何倍もおいしく感じるのかもしれません。

おじさんもなぜかここのゲソにハマります。

駅のホームで食べたそばを思い出すからかな。

 

今日はこのへんで、また明日。

 

 

 

0PEOPLE