ウィザップブログをご覧頂いているみなさん、こんばんは。

東京支店 事務の安富です。

ここは私の愛してやまない泥くさいアクション映画に
勝手に想いを馳せるコーナーです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて表題ですが、この時期、もっとずっと寒いはずなのですが、今年は暖冬といわれるだけ
あって、新潟市内ではほとんど雪が降っていないとの事。

201601100929

雪はうっすらですね

雪と言えば童謡「雪」の ♪雪やこんこ あられやこんこ 降っては~♪ という歌い出しが
有名ですよね。でも、滝廉太郎の「雪やこんこん」という歌もあるそうで、紛らわしい。
――ウィキペディア 雪(童謡)より

 

こんこ!?こんこん!?どっちなの??

 

 

 

そんなこんこん言ってる私の頭に浮かんだのは、そう!!「コン・エアー」(1997)です。

今日は、不運な刑期を終え、家族の元に帰る一人の男が、空輸中に遭遇する事件の中で単身
奮闘する物語をお届けします。

表紙

 

不運な事件に巻き込まれたが、模範囚として仮釈放が決まった元軍人のキャメロン・ポー
(ニコラス・ケイジ)。連邦保安局の囚人空輸機“コン・エアー”に乗り込み、経由地で
家族の元に帰れるはずでした。

キャメロン

ですが、その空輸機は凶悪犯サイラス・グリサム(ジョン・マルコヴィッチ)が率いる
囚人グループにハイジャックされてしまいます。

ハイジャック

 

正義感の強いキャメロンは、同乗する仲間を救おうと自らを省みず囚人グループに立ち
向かっていきます。

ニコラス

 

 

 

 

 

この連邦保安局の囚人空輸機“コン・エアー”は実在するものであり、映画の中の出来事と
解っていても描き方がリアルで、もし公開当時映画館で観る事ができていたら、鳥肌が立つ
ほど怖かっただろうと思います。

囚人2 危機

 

 

囚人役の俳優はクセ者揃いで、あれだけ人数がいながらどの人も霞む事なく、キャメロンや
連邦保安官役のラーキン(ジョン・キューザック)と良いコントラストを織りなしていたの
は、演技力と演出力の結晶です。

マルコヴィッチ スティーブ ジョニー

 

 

この作品が公開されたのは、以前の記事「フェイス/オフ」(1997)「ザ・ロック」(1996)の人気作と立て続け!!ニコラス・ケイジは休む暇がなかった事でしょう。

 

今作品プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーはマイケル・ベイ監督を凌ぐ大ヒット
メーカーであり、昨日の記事「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズや「ザ・ロック」(1996)
「アルマゲドン」(1998)などを多数生み出しています。

 

1990年代後半、ブラッカイマー氏と何度も組んでいたニコラス・ケイジは、当時相当ノリに
ノっている俳優さんであった事がうかがえます。

ポー
このブログを初めて1カ月で3度記事に登場した彼はその人気もいいですが、安富にとっての
魅力はそれだけではないのです… それが何かは、また今度!!

 

 

もし可能ならぜひ大画面と高音質で、この迫力をお楽しみ下さい!!
いや~、映画って本当にいいものですね。

0PEOPLE