米るくん

ウィザップブログをご覧頂いているみなさん、こんばんは。

東京支店 事務の安富です。

ここは私の愛してやまない泥くさいアクション映画に
勝手に想いを馳せるコーナーです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて表題ですが、米るくんスタンプがついに発売になったのですね。
発売日近辺はまったく余裕がなくリアルタイムに話題に乗れませんでしたが、
マルチメディア部鈴木さんや営業部五十嵐君のスタンプの扱いを見て爆笑しました。

201601021123

12/24 営業部片山さんの記事より

米るくんの存在は、昔本社から「社内で使用」のために支店へ分けてもらった
クリアファイルに印刷されているのを見た事がきっかけで知ったのですが、長らく
書類の保存に使用しているので、すっかり愛着が湧いていました。

それが、LINEスタンプになったなんて!!

営業部大泉さん、片山さん、古川君が尽力していてくれたのですね。
片山さんの12/24の記事は感動です!!

 

マルチメディア部鈴木さん同様、LINEをしない主義の私でしたが、これは…欲しい♪

しかし、スマホでゲームや音楽のダウンロードをしない上に、一般的なキャリア
(docomo、au、softbank等)との契約でない私にとって、有料スタンプ購入への道は
大変険しいものなのでした。

 

 

 

 

“米る”と言えば!そう!「グリーンマイル」です。
今日は、大恐慌時代 アメリカのある州刑務所で起こる奇跡のお話をお届けします。

表紙

大恐慌時代のアメリカ、コールド・マウンテン刑務所で看守をしているポール・エッジ
コム(トム・ハンクス)のもとへ、一人の大男が送られてきます。彼はジョン・コーフィ
(マイケル・クラーク・ダンカン)という黒人で、双子の少女を強姦し殺した罪で
死刑が決まっていましたが、その巨体に似合わず繊細で穏やかな性格でした。

マイケル2

 

ポールはその頃尿道炎を患っており、ある時ジョンの収容された房の前で倒れてしまい
ますが、房の中から手を差し出したジョンに触れられただけで、尿道炎が治ってしまい
ます。

治療

その他にも、パーシーという看守によって重傷を負ってしまったネズミのミスター・
ジングルスの命を救い、ポールはこの優しく不思議な力を持つジョンを本当に死刑に
すべきなのか悩み始めて…

 

 

 

 

ファンタジー色の強い感動作かと思いきや、要所要所にグロテスクな表現や演出が
あり、ホラー作家スティーブン・キングが原作である事、「ミザリー」(1990)
などで有名なフランク・ダラボン監督の色を感じます。

 

キャストも味わい深い&なぜか皆長身の俳優ぞろいです。

トム2

ポール役のトム・ハンクス 「フォレスト・ガンプ/一期一会」(1994)は日本でも
その感動ストーリーと革新的なCGの映像が話題になりましたね。

 

デヴィット

ハウエル副主任役のデヴィッド・モース 先日の記事「ザ・ロック」で准将に忠実な
バクスターを演じました。身長193cmと長身で、183cmのトム・ハンクスが小さく見え
ます(笑)

 

マイケル

ジョン役のマイケル・クラーク・ダンカン その体格を活かし要人のボディーガードを
務めたりもし、私の大好きな「ダイ・ハード」主演のブルース・ウィリスが推薦した
事で今作の出演が実現したそうです。54歳という若さで亡くなった大変惜しい俳優さん
です。(身長196cm)

 

ジェームズ

署長役 ジェームズ・クロムウェル 1990年代後半の名作の数々に重要な役で出演する
おじいちゃんです。なんとアニメ「ベイマックス」(2014)で教授の声を務めるなど
活躍が幅広い!(身長なんと201cm!)

 

 

日本ではあまり知られていなくとも他にも演技派の俳優が多数周りを固めており、全然
紹介する余裕がないのが悔しいです 。・゚・(ノД`)・゚・。

私は、映画好きなわりには上映時間が2時間半を超えると多少辛くなってくるのですが、
今作は3時間8分(!!)という事を感じさせないストーリーでした。
ぜひ今のような長期連休にゆっくり観るのがおススメです!!

 

いや~、映画って本当にいいものですね。

 

今年も大変お世話になりました。
皆さん、よいお年をお過ごし下さいm(_ _)m

0PEOPLE