ロックで

ウィザップブログをご覧頂いているみなさん、こんばんは。

東京支店 事務の安富です。

ここは私の愛してやまない泥くさいアクション映画に
勝手に想いを馳せるコーナーです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて表題ですが、昨日はバタバタと残りの仕事を片づけ、夜は友人と4人で
忘年会をしてきました。

 

私以外は皆まだ仕事おさめを迎えておらず(仕事おさめがない人もいます)
4人揃うのも26日19時以降でないともう今年中は無理、という状態でそれぞれ
時間を作って集合してくれました。みんなありがとう。
忙しい中お店の予約をしてくれたW君ありがとう!!(´;ω;`)

201512311633

Private lounge O.D’S 大宮店様より

 

車で来ているS君と私はソフトドリンク、W君とSさんは好きなお酒を注文
しています。

店員さん:「飲み方はどうされますか?」 Sさん:「ロックで」

う~ん、私も言ってみたい。

 

 

 

ロックと言えば!そう!「ザ・ロック」です。

今日は、VXガス搭載ミサイルで狙われたサンフランシスコを救うため、かつての
脱獄犯と共に離島の刑務所へ潜入し、ミサイル解体に挑む博士のお話をお届けします。

表紙

 

過去の戦争で死んだ兵士たちを粗末に扱うアメリカ軍上層部に辟易したハメル准将
(エド・ハリス)は、部下と共にVXガス(スプーン一杯分で7万人の命を奪う能力
を持つ)搭載のミサイルを盗み、アルカトラズ島の刑務所に立てこもります。

ハメル軍

 

刑務所へツアーで来ていた一般人81人を人質に取り、1億ドルの身代金を要求。
そこでFBI科学兵器処理班のスタンリー・グッドスピード博士(ニコラス・ケイジ)
はアメリカ海軍特殊部隊SEALに参加し刑務所へ潜り込む事になります。

スタンリー

 

しかし、そこはかつて脱出不可能と言われた通称“ロック”という刑務所で、過去
唯一脱獄に成功したジョン・パトリック・メイソン元英国諜報部員(ショーン・
コネリー)を一時釈放し同行させます。

メイソン

 

 

皆メイソンに不安を抱きつつもSEAL隊長アンダーソン(マイケル・ビーン)とスタン
リーは潜入したものの、ハメルの軍に返り討ちに遭い、メイソンとスタンリー以外は
全滅してしまいます。

アンダーソン 2人

 

ハメルの軍によってサンフランシスコの街に照準の合わせられたミサイルを解体しよう
と、メイソンと共に奔走するスタンリーでしたが、

解体

アメリカ軍上層部は2人と人質81人を犠牲にし、島を爆破すると決定して…!!

 

 

 

 

 

スピード感のある展開が長編であっても飽きさせないのですが、個人的にはキャストが
豪華過ぎてもうそれだけでもワクワクです。

 

 

ショーン2

メイソンは 007 初代ボンドのショーン・コネリー

ニコラス

スタンリー・グッドスピード博士は 以前の記事「フェイス・オフ」でも好演した
ニコラス・ケイジ

マイケル

アンダーソン隊長は 以前の記事「ターミーネーター」でカイル・リース役の
マイケル・ビーン

ハメル デヴィッド・モース

アクション映画を見慣れてないと馴染みが薄いかもしれませんが、ハメル准将の
エド・ハリスと、その部下バクスター  デヴィッド・モースは名脇役の方々です!!

 

 

そして、この作品が遺作となったドン・シンプソンは「フラッシュダンス」(1983)
(日本では“スチュワーデス物語”の主題歌としてサウンド・トラックが有名)や
土曜の記事「ミッション・インポッシブル」のトム・クルーズが一躍有名となった
作品「トップガン」(1986)などの名作を生み出しており、物語の最後に彼への
メッセージが記されるところではもう感極まってしまいます。
(安富だけかもしれませんが)

 

これ以上作品の魅力をうまく表現できないのが残念ですが、ぜひ一度ご覧下さい!!

 

 

いや~、映画って本当にいいものですね。

0PEOPLE