任務遂行 不可能

ウィザップブログをご覧頂いているみなさん、こんばんは。

東京支店 事務の安富です。

ここは私の愛してやまない泥くさいアクション映画に
勝手に想いを馳せるコーナーです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて表題ですが、昨日で東京支店の営業は終了です。
営業メンバーはほとんどの方が有給届を出され、ご家族と年末を迎える用意を
なさっています。(一部の方は今日机の周りを整理するため出勤)

201512301610

有給届がずらり

安富は昨日ターミーネーターとなり、業務を全て終わらせた
はずでしたが!!なんと!!

 

 

終わりませんでした~。
(ぐるぐるナインティナイン ゴチになります 羽鳥慎一アナウンサー風)

 

 

…いつもこの長期連休前って、ホントキツいんだって!!
任務遂行 不可能なんだって!!
。゚ヽ( ゚`Д´゚)ノ。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚ヽ(゚`Д´゚ )ノ゚。

 

 

 

任務遂行 不可能と言えば!そう!「ミッション・インポッシブル」です。
今日は、アメリカ 往年の人気テレビシリーズ「スパイ大作戦」をトム・クルーズ
主演にて映画化したお話 第4作目「ゴースト・プロトコル」(2011)をお届けします。

表紙

ロシアの刑務所に収監されていたイーサン・ハント(トム・クルーズ)はIMFチーム
リーダーのジェーンとベンジーの手引きを受け脱出、新たな任務に就きます。
それは、「コバルト」というコードネームの人物の情報を探ること。
ジェーン、ベンジーと共にロシアの宮殿クレムリンに侵入しますが、別組織が起こした
爆破テロに巻き込まれ、イーサンは病院へ運ばれてしまいます。

爆破

目覚めた時は、爆破テロはイーサンのチームが起こした事になっており、アメリカ
合衆国大統領は自国の関与を否定するため、「ゴースト・プロトコル」を発動します。

 

※シリーズ冒頭でお馴染みの、イーサンが秘密の小道具によってIMFからの指令を
確認し、「…当局は一切関知しない。」と締めくくられ、その道具は爆発する…
というくだりがありますが、あの取り決めがまさに発動した状態です。※

MI 2

※M:I Ⅱ 参考映像※

 

イーサンのチームはIMFから登録を抹消・テロリストの罪を着せられて逃亡しますが、
IMF長官の密かな手引きによって黒幕を追い、「コバルト」が爆破テロの真犯人である
事をつきとめます。

IMF長官

 

「コバルト」が目論む核によるテロを防ごうと、取引が行われる予定のドバイの超高層ビル
“ブルジュ・ハリファ”にイーサンのチームは侵入しますが、そこは最新鋭のセキュリティが
ほどこされていて…

チーム

前シリーズよりさらに過酷なミッションに、イーサン達は!?

 

 

 

このシリーズは、今年第5弾が公開されていますが、トム・クルーズは20年も主演を務めて
いるのですね!!
危険なスタントを自分でこなす事でも有名で、とても50歳を過ぎているとは思えません。

 

スタント

 

ただ、私も年を取ったからか、初回作(1996)で登場したジョン・ヴォイト(アンジェリーナ・ジョリーの父)と以前の記事「レオン」で主役を務めたジャン・レノの存在はよく
覚えているのですが、それ以外の作品ではトム・クルーズ以外のキャストが記憶に残らなく
なってしまっているのです。(トムがちょい目立ち過ぎ!?)

ジョン ジャン・レノ

 

 

どうか危ないスタントはそろそろプロに任せ、安全な撮影がおこなわれる事を望みます♪
トム・クルーズ氏はスタントしなくても十分素敵な俳優さんですから!!

 

そして、往年の人気テレビシリーズ「スパイ大作戦」をちゃんと観たい!と思います。

スパイ大作戦

海外ドラマを探している東京支店 高橋恭平君にもおススメしたいところですが、
もうちょっと年を重ねてからの方が入りやすいかもね~。(恭平君の12/4の記事より)

 

ラロ・シフリン氏のテーマ曲は何年聴いても好きで、かつてスマホが登場する前、ガラケーの
着メロがメジャーだった頃、私はこの「スパイ大作戦のテーマ」と以前紹介した「007 ボンド
のテーマ」を入れていました(´∀`)♪

社会人になるとマナーモードを解除する機会が少なく、なかなか流れませんでしたが(笑)

 

「ミッション・インポッシブル」をご覧になる事で、「スパイ大作戦」を観ていた世代の方と
交流ができたりしたら幸いです☆★

 

いや~、映画って本当にいいものですね。

0PEOPLE