全てを終わらせる

ウィザップブログをご覧頂いているみなさん、こんばんは。

東京支店 事務の安富です。

ここは私の愛してやまない泥くさいアクション映画に
勝手に想いを馳せるコーナーです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて表題ですが、今日はクリスマスですね!
しかし、浮かれている余裕はありません!!

 

なぜなら、今日は東京支店にとって、営業の最終日。
今日中に売上・出納簿・外注費などを可能な限り計上し、請求書をお客様へ発行
していかなければ、年明け大変なことになります。
自分のみで判断して良い事を除いて、年内の事は基本全て終わらせていかなければ
ならないのです。

※恭平君昨日は最後まで残ってくれてありがとう。安富はあくまで今日の作業に
体力を残すため敢えて切り上げたので、イヴの浮かれ要素はゼロです※
(恭平君の昨日のブログ

 

 

全て終わらせると言えば!そう!「ターミーネーター」です。

※terminate …を終わらせる, 終結させる プログレッシブ英和中辞典(第4版)より

実際は作業を終わらせるなどの軽い意味合いではありませんが、作業中は気持ちが
本来の意味合いくらいテンパっています。

 

 

今日は、未来から来た殺人サイボーグが人類の英雄ジョン・コナーを抹殺するため
過去に送り込まれたお話の、敢えて続編「ターミーネーター2 特別編」をお届けします。

表紙

 

初回作のあらすじ:

未来では、人類と、人類が発達させた機械スカイ・ネットが戦う世界と化しており、機械の
軍は人類で指揮をとるジョン・コナーを抹殺しようと、彼を産む前のサラ・コナー(リンダ・
ハミルトン)を狙って、殺人サイボーグ“ターミーネーター”(アーノルド・シュワルツェ
ネッガー 以下シュワちゃん)を過去へ送り込みます。そこへ未来のジョン・コナーは
カイル・リース(マイケル・ビーン)という男を送り込み、サラを守るため死闘が繰り広げ
られます。

初回作

※初回作 参考映像※

 

前作から10年後の1994年、人類の未来を知ってしまったサラは周囲に出来事を話しても信用
されず、精神病棟に入れられてしまいます。

病院で

 

カイルとサラの間に生まれたジョン・コナー(エドワード・ファーロング)は10歳になり、
養父母のもとで荒れた行動をとっていましたが、彼の前に2体のターミーネーターが現れます。

ジョン

 

1体は、初回作に登場したものと見た目はそっくりだが改良型のT-800(アーノルド・シュワ
ルツェネッガー)。

シュワ

 

もう1体は、触れたものに姿を変えられる、液体金属製のT-1000(ロバート・パトリック)です。

ロバート

※安富は個人的に本社営業部 古川海斗君に似ていると思っています。(ブログはこちら)※

 

T-1000はジョン少年を抹殺・T-800は、今度はジョン少年を守るというそれぞれの指令を
未来から受けてきています。

 

サラは前回自分を殺そうとしたターミーネーターの記憶から、T-800をなかなか信用できずに
いますが、息子ジョンとT-800が打ち解けあう姿を見て、力を合わせてT-1000に立ち向かって
行こうとします。

誓い

 

でも、T-1000は不死身で打つ手がありません。そこで逃げながらサラの考えた方法とは…!?

不死身 サラ

 

 

作品としては初回作の方が評価が高いようですが、私は幅広い世代が馴染めるエンターテイン
メントとして今回は2 特別編を推します!!

 

“ターミーネーター”シリーズは大変人気で、TVシリーズやスピンオフ作まで作られ、最新作:
新起動/ジェニシス(映画としては6作目)はなんと今年公開!でしたが、新しくなればなる
ほど、いやぁターミーネーターって、そんな作品じゃなかったんだってば…とつぶやきたく
なります。 ※安富の偏見です※

 

 

シュワ2

筋肉の隆々としたシュワちゃんの存在感に

 

エドワード

未来で指導者となるジョン少年の、まだ10歳のあどけなさ(美しさ。イケメン!)

 

サラ・コナー

10年前は普通の女子学生だったサラが、息子と未来を守るため強い母親を体当たりで演じる
姿に

T-1000 T1000_負傷

T-1000の背筋が凍るような無敵ぶり。顔には汗も赤みもなく、人間が演じているとは
思えません。(この時代最先端のCGもすごいですね)

 

役者と映像の魅力全てが合わさって、作品がより楽しめるものとなっています。

 

 

 

次々と新しい試みがなされた2000年以降の続編ですが、今作のT-1000ほど怖いターミー
ネーターはいません。

クリスタナ

※ターミーネーター3 参考映像※

 

そして、いくら美少年エドワード・ファーロング君がもう出演できないからと言って…

ニック

なぜ未来でこうなるのですか。

※ニック・スタール氏は「顔のない天使」や「シン・レッド・ライン」という大作にも出演
の大変素晴らしい役者さんです

 

 

まだまだ元気なシュワちゃんが活躍する最新作も良いですが、ターミーネーターと言ったら
初回(1984)→2 特別編(1994)をぜひ見逃さないで欲しい。そんな思いです☆☆

 

いや~、映画って本当にいいものですね。

0PEOPLE