塩漬けの刺身を作る方法が気になる|塩漬けにすると臭みもとれて美味しくなるらしい

刺身大好きな私です。

寿司が好きなんですけど、刺身も好き。寿司が好きなら刺身も好きですよね。

家で食べる時ってスーパーに行って柵で買った方が安いじゃないですか。でも外れを引いちゃうと鮮度が落ちていて生臭かったり水っぽかったりしますよね。そうするとテンション下がります。

わさびでごまかして食べたりしますが、最悪食べられないほどで捨ててしまう事も。

これはもったいない。

刺身好きな人なら誰でも経験あるのではないでしょうか。

 

そんな時にTwitterで回ってきたこちらの情報を活用すると解決できるかもしれません。

 

刺身を塩漬けにすると臭みもとれて美味しくなるらしい

 

臭みも抜けて身が締まる 「塩ヅケ」刺し身のススメ|グルメクラブ|NIKKEI STYLE

 

塩漬けの刺身だそうです。

あまり聞いたことないですよね。醤油ベースの浸けタレに浸けると臭みが取れるのは知っていますが。でもその場合、浸けダレごと生臭くなるパターンもあるので解決には至らない場合もありました。

しかし、塩漬けなら解決できそうです。

 

 

詳しいやり方は記事に書いてあり、自分でも簡単にできそうです。

因みに必ず刺身は柵で購入しなけらばならないのが条件です。

原理としては、柵の刺身に塩を満遍なくまぶすことによって浸透圧で水分が出てきてその水分に臭み成分が一緒に外に出てくることによって食べたときの臭みが和らぐとか。

水分も出ていくので水っぽさも無くなります。触感はねっとりしたような触感になるそうです。

この塩漬けの手法は焼き魚の塩引き鮭と同じ原理だそうです。

 

個人的にはスーパーで安く売っているイナダや天然ぶりで試してみたいですね。

刺身は糖尿病の私にとって酵素が働く良い食材なので好きですしたくさん食べようと思います。

 

0PEOPLE