バイク:01バイカーの常識は他人の非常識

16歳からバイクに乗ってまして、今年で28年目に突入するっぽいサンデーレーサーのニッキです。

 

先日グレイスさんとお話ししていた話。

 

グレイスさん「最近膝が痛くてさ」

 

わい「wwwマジっすかwwwこんどろいちん?いや、ちげーか、

ぐるこさみん!ぐるぐるぐるぐるぐるこさみん!www」

 

グ「いや、マジでさ。なんかちっといてーなと思っていたら急にすっげ痛くなってさ」

 

わい「まーバイク乗ってるとみんな何かしら怪我してますし、

これはもうバイカーとして仕方ないものなのではないかと」

 

グ「オレ首もやってるっけね、その前は腕がいたくて神経なんかな?

ブレーキ握れないくらい痛かったんて」

 

わい「マジか。オレも膝やったっけ、

医者にそのツケは高齢になってからくるよって言われてさ」

 

グ「マジ?」

 

わい「人工関節いれんばかもって言われた」

 

グ「ロボ?www」

 

公道よりは安全なサーキットですがそれ故に速度が桁違いなので、

転倒なんかした日にゃそらもうえらい怪我をすることもたまーにあるんですね。

 

ストレートでは200km超えて走ってますし、カーブで転ぶってなると100kmくらいは出てますし。

そんな環境で25歳から走っているので怪我とか後遺症みたいのって仕方ないよねー位に思っていたのです。

 

ヘルメットリムーバーをかぶってご機嫌なわい

 

なんて話をかるくお客様を交えて話していたら、同行していた方が「!!!」てなっていて、

こちらとしては常識と思っていたことが、他人の非常識であると改めて思った今日この頃。

0PEOPLE