映画:JOKER

週休3日のたびに映画を観ているっぽい

サンデーレーサーのニッキです。

 

今回も話題作「JOKER

 

ピエロが怖いイメージになったのはJOKERとITのせい

 

奥さんがルーニー・マーラてイイなぁ。

またドラゴンタトゥーの女観たくなる。

 

話題作なので色んなレビューをみかけます。

 

前情報はあまり見ない人ですが

嫌でも目についてしまう。

 

となると、期待値が上がってしまい

実際観ると…

 

ということも今回は無かった。

 

感想としてはJOKERに共感してしまう所が多すぎて

観ていて辛かった。

 

私も一歩間違えばJOKERになってたかも。

落ちる時は一瞬。

 

ギリギリで踏みとどまれている。

明日は我が身。

 

そうならないために気をつけましょ。

 

家族がいることが一番の救い。

家族のために頑張れる。

 

あとはバイク乗ったり触ったり

飲みに行ったり映画を観たり。

 

ガス抜き大事。

 

トッド・フィリップス監督が描きたかったのは

共感と欠如だったそうです。

 

共感しか無かったわ。

 

ちなみにDCコミックスではあるものの、

ストーリーは監督のオリジナルだそうです。

 

ホアキンをイメージして描いたのだそうな。

オファーを断られることは考えなかったとか。

 

生まれるべくしてできた映画なのですね。

 

へー。

0PEOPLE