カブに手を出してみた②

欲しいとすぐに手を出して

飽きたら手放す。

 

バイクから見たらク〇野郎な

サンデーレーサーのニッキです。

 

昔でいう「ジゴロ」でしょうか。

 

致命傷を負った個体はめんどくさいので

絶対に買いません。

 

しかし動作保証がついてるもの(普通の新車・中古車)は

動いて当たり前なのでおもしろくない。

 

不動車を自分の力でまた走れる状態に戻す

「起こす」のもひとつの趣味として楽しいのです。

 

ダメなところを探すのは謎解きと同じで

解決した時のスッキリ感はたまらない。

 

それでは 1/1 デアゴ〇ティーニ いってみましょ。

とりあえずエンジンまわりをバラシます。

 

レッグカバーを外すと左からエアクリーナー・キャブレター・エンジンが現れる

 

ステップの曲がりっぷりがウケるw

後ろ下がりすぎだって。

 

あとで単管突っ込んでなおしましょう。

 

キャブを外すためバラス!

 

ちゃんと動くようになったら

ブラストしてキレイにするからね。

 

外れたキャブレター

 

トレイにのせて細かい部品の紛失を防ぎます。

 

きったねぇw

 

この状態でもエンジンかかるとかさすがカブw

 

たいていはガソリンタンクが錆びて

錆がキャブの通路をふさいで始動困難になる。

 

か、ガソリンが腐ってタール状に

それがキャブの通路をふさいで始動困難になる。

 

そして手放されるという感じ。

 

なのでこうしたメンテナンスをきちんと行えば

寿命は伸ばせるんです。

 

要は使う人次第ってことですね。

0PEOPLE