新潟空港の「PRルーム」がまぁまぁカオスで面白い

営業部・ほんまたです。

先日、新潟空港の展望デッキで撮影をした後、いつもはエレベーターで1階まで直通で降りるんですが、たまにはターミナルで変わったところはないかなと、階段で1階ずつ見ながら降りることに。

そこで目に入ってきたのが、2階の「PRルーム」というスペース。

新潟空港のすべてがよくわかる!

もともとは3階の奥まった場所にあったのですが、いつのまにか2階に引っ越ししていたようです。

飛行機で使われていた座席と、顔出しパネルがありました。左は分かりますね、空港なのでそれにちなんだパイロットとフライトアテンダントの写真です。

が、その隣には犬夜叉のパネルとニパ子のパネルが。新潟なのでおかしくはありませんが、パイロットの隣にあると違和感が…笑

そして、にいがたマンガ大賞の説明パネルと、マンガやアニメにちなんだイベントのポスターの展示もあり。完全に空港からは離れました。

さらに、なぜかマリンピア日本海のポスターも展示されています。ラッコ可愛い。

さらに新潟市出身の小説家・坂口安吾の紹介コーナーまで。

ここは何のPRルームなんでしょう。笑

安心してください。飛行機関係の展示もありました。新潟空港に就航している飛行機の模型のようです。

人型旅客機 エアバスA320ちゃん(違

ただ、展示の仕方は”ラフ”な感じで…(汗

※このショーケースの中に「エアバス A320」の模型はありませんでした。笑

もともとこの場所はお土産屋さんが入っていて、飛行機のダイキャストモデルが売っていました。

小さい頃、空港に来るたびにモデルを眺めていたので、自分にとってはプチ思い出の場所です。

それが今はこんな場所になっているとは。時代の流れを感じます(?)

なかなかカオスなスペースなので、一度行ってみると面白いと思います。笑

0PEOPLE