クリスマスの夜のディズニーシーはインスタ映え映えの映え

営業部・ほんまたです。

この週末はディズニーへ行ってきました。

いつもショーやパレード鑑賞をメインに楽しむのですが、今回はカメラを持っていき、ショーやパレードの合間にクリスマスのパークを撮影してきました。

パークは夜になると、とてもフォトジェニックになるので、アトラクションに乗らなくても、カメラを持ってパーク内を散歩するだけで十分に楽しめます。

さらに、冬のクリスマスに向けて至る所がクリスマス仕様にデコレーションされ、より素敵な雰囲気になります。

(2019年のディズニークリスマスは、11月8日から12月25日まで。)

今日はディズニーシーの方で撮影した写真を紹介します。

クリスマスの夜のディズニーシー

夕暮れのポルトパラディーゾ

フォートレス・エクスプロレーションから、パークに入ってゲストが最初に訪れる、ポルトパラディーゾを望みます。

今回初めて行きましたが、なかなかいい場所です。

パーク内では珍しい高台になっていて、見晴らしが良いです。

夕焼け色に染まった建物がきれいです。ここからショーを見るのも楽しそうです。

ケープコッドの灯台と飛行機

同じくフォートレス・エクスプロレーションから、後ろを振り返ると羽田空港へ着陸する飛行機が見えます。

ディズニーにまで来て飛行機撮ってんのかよと言われそうですが、はい撮ってます。(笑)

オレンジ色に染まった空がきれいです。

ケープコッドの灯台が良い仕事をしてくれています。

ちゃんと夜になると明かりが点くんですよ。

ライトアップされたS.S.コロンビア号

ポンテ・ヴェッキオ橋から、アメリカンウォーターフロントに停泊している蒸気船、S.S.コロンビア号を眺めます。

夜になるとライトアップされ、こんなに華やか。

船の隣にはクリスマスツリーも見えます。

ちなみに、S.S.コロンビア号は中にも入れます。

船内はレストランとラウンジ(バー)があり、2階と3階のデッキ、甲板にも上がれます。

船尾には「タートル・トーク」というアトラクションがありますね。

(今まで仕入れた知識をアウトプット中w)

クリスマスツリー@アメリカンウォーターフロント

ディズニーシーのクリスマスツリーはS.S.コロンビア号の隣にあります。

高さは約15メートルで、とても大きいです。

こんな大きな木なのに、通年ではなくクリスマスの短い期間だけ設置する、というのがすごいです。

ちなみに、ツリーの根元にはパーク内の各エリアにちなんだ飾りつけがされています。

とてもかわいいので、ぜひ現地で見てみてください(誰目線?)

S.S.コロンビア号と三日月

ちょうど三日月が出ていたので、S.S.コロンビア号の船首を入れて撮影。

街灯や小屋(ドックサイドステージの照明小屋)が良い演出をしてくれて、まるで昔のアメリカにいるようです。

パーク内の建物や小物は本当にこだわって作られているので、写真を撮ってもほころびが出ません。

クリスマスのデコレーション@ウォーターストリート

メディテレニアンハーバーから、アメリカンウォーターフロントへ続く、ウォーターストリート。

クリスマスのデコレーションでこちらも華やかな雰囲気になっています。

ちなみに、このウォーターストリートの灯りはガス灯です。

隣のブロードウェイの灯りは電灯で、モチーフとなった道の時代背景を表しています。

こういう細かいこだわりが本当にすごいんですよね。

カメラディズニー、ぜひオススメしたい楽しみ方です。

ディズニーランド編はこちら

クリスマスの夜のディズニーランドもインスタ映え映えの映え

0PEOPLE