【台湾旅行】ランタン飛ばしで有名な「十分」で敢えてランタンは飛ばさずに十分瀑布とかいう滝を見に行く

営業部・ほんまたです。

台湾旅行3日目は、ローカル列車で十分に向かいました。

十分に直接向かう前に、猴硐(ホウトン)駅で途中下車。

【台湾旅行】別名「猫村」と呼ばれる猴硐(ホウトン)駅周辺で大量の猫たちに容赦なく癒される

猴硐駅を出発し、改めて十分駅に到着しました。

お土産屋さんとの距離が近いw

十分はランタンに願い事を書いて、線路上から空に飛ばす場所として有名ですね。

九份は「千と千尋の神隠しのモデルとなった(出所不明)」場所として有名ですが、

十分は知名度としては一段下の観光地な気がします。

台湾に訪れるのは2度目なので、こうした場所も見てみたいと思い、訪れました。

十分駅

列車を降りると、おばちゃん駅員さんの肉声アナウンスがスピーカーを通して構内に響いています。

日本人の団体客がいると「でんしゃがきますから、もっとおくまでいってください」と日本語で案内したりもします。

観光地って片言でも日本語喋れるスタッフや店員さんがいますが、すごいなって思います。

列車までこの近さ

線路のすぐ脇にはお土産屋さん街が広がっています。

これも日本ではまず見られないような光景です。

列車はディーゼルカーなので、より風情があります。

列車が行った後は、観光客が線路に出て、ランタンを飛ばす光景が見られました。

ここでもランタン売りおじさん(?)が「はい、いちにさんでとばしますよー!」とか日本語で話しています。

現地の人?

線路に出て記念写真を撮っている現地の人もいました。

あ、いや、これは私ですね。

我々はランタンを飛ばすことにあまり興味が無かったので、

この先にある「十分瀑布」という滝を観に行ってみることに。

お土産屋さん街を抜けると、こんな感じに。大きな道路に沿ってずーと歩いていきます。

15分くらい歩くと、十分瀑布公園の入り口に到着しました。看板に従って歩みを進めます。

ここまで歩いてきたのは我々くらいで、他の人は観光バスで来ているようでした。

ここは団体客が多く訪れる場所のようですね。

吊り橋を渡って

もう一つ吊り橋を渡って。隣の線路は平渓線の線路です。

この線路を使って?十分駅まで来ましたが、列車に乗っている時は気付きませんでした。

滝までは、公園の入り口から20分ほど歩きます。良い運動になります。

道の途中にあるお土産屋さん街を抜けて、滝に到着!

思ったよりも立派な滝です。

十分瀑布は台湾のナイアガラとも呼ばれている(これも出所不明w)とか。

流石にナイアガラは言い過ぎだとしても、近くから見られるので迫力満点。

もう少し奥まで歩くと、少し低いところから滝を見れる場所もありました。

この場所からだと、水しぶきがすごいです。

ちょうど歩いて汗をかいていたので、気持ちがいいです。

ちょっとのんびりして、元来た道を十分駅へ戻りました。

途中、夕陽が差してなんかいい雰囲気。

RICOH GRは旅行に持っていくのに最高のコンパクトデジタルカメラ

今旅も写真はほとんどGRで撮影しています。

十分駅からまた列車で台北へ戻りました。

平渓線は本数が少ないので、夕方の列車はどうしても混むようですね。

今回は乗換駅の瑞芳駅までのおよそ45分間ほど、座ることが出来ませんでした。

往復で1時間ほど歩いたので疲れていましたが、荷物もボディバッグ一つで身軽だったので、平気でしたが。

1日がっつり歩き回って、重たいリュックとか背負っていたらキツイかもしれませんね。

なんにせよ、この日は猴硐・十分での観光を満喫した我々でした。

この後は、激ウマガチョウ肉でのディナー→クラフトビールでの旅の〆に続いていきます。

関連記事

【台湾旅行】台北市中山区の「阿城鵝肉」で旨すぎるガチョウ肉を食べて昇天【台北行ったら全員これ食べなさい】

【台湾旅行】台北信義区の「啜飲室 Landmark」でクラフトビールを楽しむ

0PEOPLE