いよいよ消費税増税。キャッシュレス決済を使ってみましょう

営業部・ほんまたです。

さて今日から10月となり、待ちに待って…いない消費税増税となりました。

私はといえば、何かを買いだめしたりする訳でもなく、特に意識していませんでしたが、帰りに寄ったコンビニでもらったレシートを見て、消費税増税の現場?を目の当たりにしました。

ほんまたさんの晩御飯

なんか勢い余って買いすぎてしまったのですが、注目すべきとこはそこではなくって、

  • キャッシュレス還元額
  • [✳︎]マークは軽減税率対象です。

という2項目です。なにやら見慣れない表記ですね。

軽減税率について

消費税10%とは言いつつも、低所得者の負担を減らすことを目的として、軽減税率制度が導入されます。

具体的には、食料品と新聞のみが消費税率8%に据え置かれるというもの。ただし、食料品でも酒類と外食は10%となり、特に外食については「どこまでを外食とするのか」みたいなところが非常にめんどくさそうです。

この軽減税率は期間限定ではなく、今後ずっと続く制度だそうです。良かったですね(?)

キャッシュレス・消費者還元事業について

これもまためんどくさそうな制度です。

めんどくさいですが、要するにキャッシュレス決済をした方がお得ですよという話。

この制度は、クレジットカード、各種電子マネー、QRコードなど現金を使わずに決済をした場合、支払額の最大5%がポイント還元されたり、即時値引きをされるというもの。

当然、現金で支払った場合はこうした還元は全くありません。

私の場合はセブンイレブンで買い物を行いましたが、QUICPayでの支払いで即時2%の値引きとなりました。

お店や利用する決済方法によって還元の仕方や還元率が全然異なってくるので、この辺りは自分で調べることを強くお勧めします。

消費税ポイント還元制度の最新情報まとめ | ZEIMO

この制度は期間限定。2019年10月1日から2020年6月30日までの、9ヶ月間限定の制度です。

これによって今日の買い物での消費税は実質6%となり、今までの消費税8%よりも安く買い物が出来たことになります。

なんだかよくわかりませんね。(笑)

とりあえずは、キャッシュレス決済が普及する大きなきっかけになりそうですね。

仕組みが複雑とはいえ「おトクになる」ということが分かれば、新しくキャッシュレス決済を使ってみようと思う人はかなり増えるはずです。

ポイント還元は奥が深く、クレジットカードも様々なキャンペーンと組み合わせたりして、従来よりもかなりおトクに買い物ができたりもします。

個人的には、この機会にキャッシュレス決済を始めてみることをオススメします。

0PEOPLE