【ゆるめフライトレポ】FW83 FUK-KIJ CRJ700 すごい夕焼けが見られた

新潟市にある印刷会社(株)ウィザップの飛行機好き営業マン、ほんまたです。

 

週末から月曜日にかけて、お休みを頂いてソウルに小旅行に行ってきました。

訳あって、帰りはソウル→福岡→新潟という旅程になりました。

福岡ではおよそ9時間ほどの乗り継ぎ時間があり、行きの大阪と同じように福岡ミニ観光をしました。

ミニ観光を終え、新潟行きの飛行機に乗り込みます。

 

福岡空港—新潟空港 IBEX83便

福岡空港、H15番スポットに駐機している、新潟行きIBEX83便(JA05RJ)。

新潟ー福岡線にはIBEXエアラインズとANA、そしてフジドリームエアラインズが就航しています。

それぞれ1往復/日ですが、IBEXはANAとのコードシェア便なので、ANAが実質2往復/日している形となります。

(フジドリームはJALとのコードシェア便です。)

搭乗しました。座席は18Aです。横にスターフライヤーが入ってきました。黒い機体がカッコいいですね。

福岡空港は現在リニューアル工事中につき、PBB付きのスポットが不足しています。

従来よりもバス搭乗になることが多いようですね。

もっとも、IBEXはどちらにしろバス搭乗になると思いますが…。

飛行機オタ的にはバス搭乗って心躍りますが、そうじゃない人にとってはめんどくさいでしょうね(汗

遅延する便が多い中、搭乗機は定刻にドアクローズ。スムーズに出発してくれました。

福岡空港はCRJもプッシュバックするんですね。新潟空港はPBBのスポットでも180°ターンとなります。

ハンドリングさんに手を振り返し、しばし空の旅を楽しみたいと思います。

この日の福岡空港は、終日超快晴。そして、RWY34運用のようでした。

スポットからRWY34エンドまではかなり距離がありますが、早い速度でタキシング。

空港脇を走る乗用車と同じくらいのスピードでした。笑

幸い離陸待ちもなく、line upしてからすぐに離陸となりました。ストレスが無くていいですね。

新潟までは約1時間半の飛行時間です。

IBEXが運用するのは、CRJ-700NextGenという機種のみになります。

70席しかないリージョナル機ですが、サイズのわりに居住性は悪くありません。

シートにモニター等がない代わり、足元に余計な機器も設置されておらず、意外と広いです。

窓側の席は胴体の形に沿って少々圧迫感がありますが、身長180cmの私でも1時間半の飛行時間は余裕で耐えられます。

LCCではないので、無料ドリンクのサービスもありますよ。

今日は離陸後一旦、南東に進路を取り、そこから中国地方上空を経由して石川県沖を目指し、新潟に到達するルートを飛んだようです。

九州~中国地方くらいまでは快晴でしたが、ふと気付くと下界は雲の絨毯に埋め尽くされていました。

場所によって天気って全く違うものですね。当たり前ですが、上空から見ると自然のスケールに圧倒されます。

新潟空港の到着時刻は、定刻19:35となり、今の季節はちょうど日没の時間帯に降下する形になります。

今日も降下中、空の表情がみるみる変わり、素晴らしい機窓になりました。

一応、この為に左側の窓側の席をリクエストしてみた次第です。

私が飛行機好きなのは色々理由がありますが、やはりこうした景色が見られるというのも大きな理由の一つです。

雲を抜けると、下はもう大分暗くなっていました。

外の景色から判断するに、東側のRWY28側から進入するようです。

降下中、少々の揺れはありましたが、思っていたほどではありませんでした。

そのままRWY28に、定刻から5分ほど遅れてスムーズな着陸。

完全に日が沈み、真っ暗になった新潟空港に到着しました。

向こうには新潟空港発の最終便となる、ANAの名古屋行きが駐機しています。

自分にとっては、いつもの新潟空港という感じです。帰ってきてしまった…orz

旅の最後に素晴らしい機窓が見られて良かったです。また明日からお仕事頑張ります!

0PEOPLE