【新潟空港】夕焼けと飛行機を撮影する

新潟市にある印刷会社(株)ウィザップの飛行機好き営業マン、ほんまたです。

このところ夕日と飛行機の絡みを狙ってきましたが、日没の時間がどんどん遅くなり、現在は夕日と飛行機を絡めるのが難しくなってしまいました。

【新潟空港】夕陽と飛行機

【新潟空港】夕陽・夕焼けが面白い季節です

【新潟空港】相変わらず夕刻の撮影が(超)面白い件。

今は夕日に代わり、夕焼けと飛行機を絡めることができます。

6月14日現在の新潟県の日没時間は19:07。(本当に日が長くなりましたね)

ちょうど新潟空港のラッシュの時間帯であり、3便の出発、2便の到着を狙うことができます。

19:10 ANA1115 Q84 千歳への出発便

19:10 JAL2250 E190 伊丹への出発便

19:10 IBX78 CRJ 伊丹への出発便

19:25 ANA1813 Q84 名古屋からの到着便

19:35 IBX83 CRJ 福岡からの到着便

伊丹行き IBEX78(CRJ700)を自衛隊脇ポイントから撮影

伊丹行きJAL2250(E190)を自衛隊脇ポイントから撮影

千歳行きANA1115(Q84)を自衛隊脇ポイントから撮影

最近は夕方になると東寄りの風になることが多いんでしょうか、

RWY10運用になることが増えてきた気がします。

その場合は自衛隊脇ポイントに陣取り、目の前をtaxingしていく各機を夕焼けと絡めることができます。

千歳行きANA1115(Q84)を自衛隊脇ポイントから撮影

B-4からインターセクションをリクエストする機体は、残照を胴体に反射する瞬間を撮影できます。

このツヤ感が堪らないんですよね。堪らないんですよね。

本当に堪らないので2度言いました。

先日新潟も梅雨入りしたようですが、梅雨の合間の夕焼けは本当に劇的になることがあります。

この日もなかなかいい夕焼けでしたが、もっとすごい夕焼けと飛行機を撮影したいなと思います。

0PEOPLE