会社の常識≠社会の常識

営業部・ほんまたです。

最近思うのは、会社の常識≠社会の常識ということ。

3年目になりましたが、ウッカリすると会社のルール常識が、世間の常識であるように思いなしてしまいそうになる事がたまにあります。

若手としては「ちょっとおかしいな」とか「これなんか違和感あるな」とか感じるものですが、「おかしいですよね」とはなかなか言いにくいもの。

(弊社はそうした事を比較的言いやすい職場であるとは思いますし、私は言ってしまうタイプではあります。笑)

ですが、その場で疑問や違和感を感じたとしても、時間が経つと忘れてしまいます。

なので、自分はその場で感じた疑問や違和感はメモをするようになりました。

時間が経って意見を言えるようになった時に、そのメモを取り出して改めて質問をして見るとか、行動範囲が広がった時に自分からいろいろ試してみるとか、メモを取っておけば忘れずに行動を起こすことができます。

基本的に、思考や行動の根幹は一般常識でないとなと思います。お客様は社内の人ではありませんから。

といっても、もちろん何でもかんでもお客様の言う通りにします、というような営業にもなりたくはありませんが。笑

営業は、あくまでもお客様の事情と社内の事情のバランスを取る役割だと思っていますから。

0PEOPLE