富山県産のホタルイカ

今日は、帰り道にスーパーで夕飯の買い出し。

寒い一日になったので鍋にしようと、白菜やキノコや豚肉を買い物かごに入れていると、ボイルされたホタルイカのパックを発見。

「富山県産」のシールがドドンと貼られています。

ホタルイカといえば、富山ですよね。

と言っても、普段目にするホタルイカはだいたい兵庫県産ですが、

富山産が入荷する季節になったということですね。

身の大きさも、明らかに兵庫県産とは違う気がします。

大学時代を富山で過ごし、ホタルイカの美味しさを自分としては、買わない選択肢はありません。

迷わず、買い物カゴにインしました。

早速家に帰って食べましたが、もちろん美味しいんですが、すでに茹でられたものは少し生臭さがあるんですよね。

富山のスーパーでは、茹でる前の生の状態でパック詰めされたホタルイカが売られています。

これを買ってきて、お湯でボイルし、お湯から上げたばかりのパンパンになったホタルイカの美味しさは、もうそれは素晴らしいです。

生臭さもまったくありません。

噛むと、パンッと身が弾け、中から旨味たっぷりのワタが出てきます。

酢味噌とか、ポン酢とか、何も付ける必要がありません。

居酒屋では、ホタルイカのしゃぶしゃぶというメニューなんかもあります。

これもまた美味しいものです。日本酒がぴったり合うんですよね。

富山で食べるホタルイカは別格の美味しさです。

新潟で富山県産のホタルイカを食べたら、富山で食べるホタルイカが恋しくなってしまいました。

0PEOPLE