peach、新潟就航1周年となりました

3月1日、LCCのpeachが新潟就航からいよいよ1年を迎えました。

ニュース記事によると、搭乗率は8割、利用者数は10万人超とのことです。

格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府)の新潟-大阪(関西空港)線が1日、就航から1年を迎えた。同社によると、この1年間で10万人超が利用。搭乗率は約80%と好調を維持している。

「新潟日報モア」より(https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190301454430.html)

先月末に書いた記事で、「搭乗率8割・10万人」という数を予想していたので、

それが当たって何だかうれしい気持ちになりますw

3月1日でpeachが新潟就航1周年のようです

航空券プレゼントキャンペーン実施中

さて、そんなpeachですが就航1周年を記念して、航空券プレゼントキャンペーンを実施中です。

私も早速応募しておきました。フォームへの入力が応募条件ですが、入力項目が少なくて応募がめちゃくちゃ楽です。

キャンペーンページは新潟空港ウェブサイトを経由して行ってみてください。

ペア10組20人にpeachの新潟ー関空の往復チケット(シンプルピーチ)が当たります。応募は3月31日までです。

雑コラム:伊丹線の利用者をpeachが奪ったのでは??

こんなの誰が気にするねんという話になりますが…。

新潟空港からは関西国際空港のほか伊丹空港にも航空便がある。県がまとめた2018年の新潟―大阪(伊丹・関西国際)の利用者数は前年比21%増の54万2253人。LCC就航で利用者が急増し、99年以来の50万人超えとなった。

「日本経済新聞」より(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41926480R00C19A3L21000/)

新潟ー大阪(伊丹・関空)線の利用者は、前年比21%増の54万2253人ということで、計算すると前年の利用者は55万2253人÷1.21=45万6407人ということになります。

55万2253人-45万6407人=9万5846人となり、Peachの利用者数10万人ということを考えると、伊丹線は若干だけ減となります。

つまり、Peachは新潟ー関西間に新たな需要を生み、伊丹線の需要を奪っていないと言えそうです。

まさに新しい風を吹き込んでくれたPeach。次は増便に期待したいです。(切実に!!)

0PEOPLE