2月11日は「建国記念の日」

この3連休、久しぶりにディズニーシー・ランドへ小旅行に行っていました。

何年ぶりに行っただろう?シーは中学生、ランドは小学生の頃に行った記憶です。

大学の友人と一緒に行ったのですが、色々と詳しく解説してくれて、楽しかったです。

その話はまた改めてしようと思うのですが。が。

 

これってそもそも何の連休だっけ?

っていうのは連休あるあるですよね。(私だけ?)

改めて、2月11日は「建国記念の日」です。知らなかったですね。

あれ、日本って2月11日に建てられた国だったんだ?

その日何があったっけ?たぶん歴史の授業で勉強したけど忘れちゃった…。

関係ないけど、中学・高校の記憶が全然ない私です。

同級生と久しぶりに会うとみんないろんなエピソード覚えててすごいってなる。

 

2月11日は旧暦1月1日(最初の天皇である神武天皇が即位した日)らしい。

恥ずかしながら全然知らなかったのですが、2月11日は旧暦の1月1日を新暦に換算した日だそうで。

紀元前660年1月1日 (旧暦)は、最初の天皇である神武天皇が即位した日とされています。

 

「建国記念の日」制定の流れ(粗い説明)

もともとは1874年(明治7年)に紀元節という祝日が2月11日に設定されました。

(※紀元節の制定についてはもっと細かい理解が必要っぽいのですが、割愛します。)

その後、敗戦後の1948年に施行された「国民の祝日に関する法律」施行の際、GHQの意向により紀元節は削除されました。

しかし、紀元節(建国を祝う祝日)を復活させる動きがその後高まり、

1966年(昭和41年)の「国民の祝日に関する法律」改正の際、

旧紀元節と同じ2月11日が「建国記念の日」として設定されました。

この折、”何を持って建国とするのか”という議論が改めて繰り広げられたようですが、

結局、旧紀元節と同じ2月11日が、あくまでも”建国という事象そのものを記念する日”

(建国日そのものを指すのではない)として、祝日に改めて設定されたのだそうです。

この辺りの微妙なニュアンスが、「建国記念”の”日」となっている部分に表れています。

 

というわけで

「建国記念の日」はそんな感じの祝日です。(急に雑なまとめ)

毎日毎日ブログを書くとネタが無くなる=アウトプット量がインプット量を上回るので、

こんな感じで定期的に知識や体験を仕入れないとダメですね。

ブログ更新はインプットとアウトプットの繰り返しの訓練、

毎日をなんとなく過ごしてしまうことの防止になるかもしれません。大変だけど…。

0PEOPLE