着陸灯(landing light)が点いている時と点いていないとき

お気に入りのNH1115(千歳行き)のタキシーアウト。

今までのうち一回だけ着陸灯を点けてくれたことがありまして。

これがあるとプロペラが光り、丸い輪郭が浮かび上がって綺麗なのです。

この便の撮影条件は幾つもあるんですが、この着陸灯の有無が最後の条件です。

頼むからなるべく点けてくれ…!

着陸灯があるとき⤴

着陸灯がないとき⤵

「そんなの誰が気にするんや!」

「オレが気にするんや!」

完ッッ全なる自己満足の世界です。

一番最初に撮った時は点いていたので、それが普通なのかなと思っていたら。

次の日に撮ってみると何か物足りない…。

昨日の写真と見比べてみると、あ!着陸灯が点いてないんだ、と気づいた次第です。

ちなみにこのDHC8-Q400、着陸灯はどこに付いているのか?

どうやら両プロペラのそれぞれ外側の主翼にあるようです。

写真でもプロペラの外側は一段と明るいのが分かります。

※着陸灯は離着陸時に点灯させ、機体の前方を照らします。メチャクチャに明るい。

動画で探してみました。より分かりやすいと思います。

それにしても、ロゴライトが付いていないのが惜しい機種です。

(オプションで付けることもできるのかな?)

着陸灯は本来離着陸時に点けるものなので、

地上滑走中に点けるほうが珍しいということになります。

では何故あの時は点けていたのか?

もしパイロットの方と話す機会があれば聞いてみようっと。

0PEOPLE