ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)からレトロカラーの747が登場予定

いつもはSurface Proでタブを何個も開きまくってサクサクブログを書いてるんですが、今日はそれを会社に置いてきてしまい…購入から4年ほど経って動作も激重になってしまったiPhone6で書いています…書きにくい\(^o^)/

今日の気になるトピック

British Airways announces Boeing 747 retro livery - SamChui.com

イギリスのブリティッシュエアウェイズ(BA)で、創立100周年記念事業の一環として、復刻版の特別塗装機が出るとのニュースが出てきました。

退役の迫るBoeing747(G-BYGC)に、BAの前身であるBOAC(英国海外航空)の塗装を施し、2023年の退役までそのまま飛ばすZE★とのこと。

レトロカラーはマニア心をめちゃくちゃに刺激してくるナイスなトピックです。かつてはANAも「モヒカンルック」と呼ばれる旧塗装をBoeing767に施し、「モヒカンジェット」と名付けられ期間限定で運航されました。その間、界隈では大きな話題になりました。

ANAの「モヒカンジェット」は767一機のみの運航でしたが、今回のBAのレトロカラー機は複数の機体で企画されているようです。747の複数の機体なのか、他の機種からもレトロカラー機が出てくるのか?機になるところです。

BOAC塗装の747は2月18日にロンドン・ヒースローでお披露目予定とのこと。姿が見られる日が待ち遠しいです!

と言ったところで、大きな問題が。それはBAの747は日本へ定期就航していないということ。実際に見るには、BAの本拠地であるロンドン・ヒースロー空港、または747の就航先である北京、ニューヨーク、ボストンなどへ出向くしかないようです。

British Airways – Boeing747-400

でも、この機体は現地まで撮りに行く価値があると思いますね!私も機会があれば行ってみたいです。

超・ちなみに

BOACのキーホルダー♡

私、BOACのVC-10が描かれたキーホルダーを持っています。以前に名古屋へ行った際、素敵な航空・旅行グッズが置いてあるユロ・グラフィックさんで購入したものです。

超・どうでもいい情報でした★

0PEOPLE