【新潟空港】738は今のうちに撮っておきたい

735が一時的に見られなくなるらしい

3月一杯まで伊丹線・沖縄線に735(Boeing737-500)に代わり738(Boeing737-800)が投入されている新潟空港。

735は数を減らしている機体なので、それが撮れない今の時期は少しもどかしいんですが、

どんな地方空港でも見られる738でさえ、需要の多くない新潟空港ではそうそう見られません(笑)

撮れるうちに撮っておく、飛行機写真界の鉄則です…。

JA69AN

先日、エンブラのプッシュバックを撮っていたら、頭振りの瞬間が良い具合に撮れまして。

ヒトケタブンノイチ流し

738でもやっておこうと思った次第。ちょうど良く雨も降って地面に灯火類も反射し、美しいです。

赤く光る衝突防止灯(ACL; Anti-Collision Light)の点滅のタイミングに合わせ、シャッターを切ります。

シャッタースピード1/10ですが、意外とタイミングが合わなくて…。

顔が正面を向いた瞬間はACLが光っていなくてボツ。

JA69AN

プッシュバックを終えて、クリーンな状態で一枚。地面が濡れていると華やかさが違います。

ちなみに、735で撮ると以下のような感じ。

JA8595

735は全長31mで126席(全てエコノミー)、738は全長39.5mで166席(うち8席プレミアムクラス)

735はずんぐりむっくりで愛嬌のある感じ、738はスマートで精悍さがあります。

どちらもロゴライトがあるので、夜撮影するには明るくてありがたい機材です。

JA69AN

そして738がタキシーアウト。この辺りでもACLがシンクロせず、少し地味な感じに。

ただ、連日のように夜撮を重ねてきたせいか、歩留まりは以前よりも良くなってきた実感があります。

写真も練習によって技術が身に付き、撮れる画が増えてきます。感性もいろんな写真を見ることで磨くことはできますね。

変化の少ない地方空港、こうして細かな機材変更でも気分転換につながっていいですね。

0PEOPLE