5年ぶりに寝込んだ感想

4日(木)の午後から発熱し、5日(金)午前中までほとんど丸一日寝込むことになりました。

 

あまり体調を崩さないことだけが自慢だったのですが、崩してしまいましたね……。高校3年間は皆勤、大学4年間は2年の正月に1度寝込み、そして今回社会人3年目の3月です。大体5年に1回寝込む身体のサイクルになっているのでしょうか?

 

朝は全くなんともなく。11時頃から「今日は冷えるな~」なんて呑気に感じていたら自分の体調が悪いだけでした。その後はどんどん悪化。頭痛は来るし身体はダルい。

 

でもまあ、「あ~これ体調悪いやつだな。今日は早く寝なきゃな」くらいにしか思っていなかったのですが、昼またいで午後の仕事開始直後、デスクから立ち上がった瞬間にガツンと吐き気&目眩が来て、一瞬視界が真っ白になったので「あ、ヤバイかも」と思い、即早退させてもらうことにしました。

 

多分午前中はずっとデスクに座っていたので悪化しなかったんだと思います。昼休み終わりの掃除で色々と歩き回ったせいかな。あと今になって思えば「何か腹に入れなきゃ」と昼にどん兵衛をかっ食らったのも悪手でした。

 

帰宅の道のりは大変でしたね。一歩一歩自分の体調が悪くなっていったのを感じました。とりあえず家からほど近いクスリのアオキでポカリとゼリーを買い込んで帰宅。

 

その後はとにかく寝ました。15時~19時まで寝て起きて、とりあえずここで買ってきたゼリーを食べてまたすぐに寝ました。その後は細切れに起きつつ朝の6時まで。

 

朝の体調は体感では悪くなかったのですが、体温計の数値が37.0~37.5度くらいを推移していて下がらなかったので大事をとって今日も休み。ぶっちゃけ一晩寝れば治ると思っていたので、朝起きて熱が下がってなかったのはびっくりしました。このご時世、流石に嫌な想像が頭をかすめる。

 

スマホで「新潟 発熱 コロナ」などと調べつつ、とりあえず寝よう……と思って午前中も寝て、午後にやっと平熱が戻ってきたという感じです。ほっとひと安心。

 

今までは寝込んだ時に親が何かと世話を焼いてくれたので、自分はただ寝て食って寝るだけでよかったのですが、いかんせん今は一人暮らししてるもんなので自分で自分の面倒を見なくてはなりません。

 

最悪の体調で病人丸出しの買い物をするのは辛いものがありました。こういう時に僕のような生活力低い勢は困りますね。なにせ家に備蓄してある食料がエナジードリンクとカップ麺とアメリカのグミしかない。弱ってる身体に与えていい食べ物ではありません。

 

一人暮らしを始めて、その楽しさとともに親のありがたみをしみじみ感じる瞬間は多かったですが、今回の一見では特にそれを感じました。

 

とか書いてたらもう10時。今日も早く寝ます。

 

0PEOPLE