呪術廻戦14巻無事ゲット。芥見先生は鬼

『呪術廻戦』の14巻を無事ゲットできました。アニメ効果等々もあり、かなり人気が高まっていると聞いたので、もしかしたら……と鬼滅の刃現象が脳裏を掠めましたが、なんとか確保。だけど平積みの山はだいぶ低かったね。

 

さらりと感想書くためさらりとネタバレもあるので要注意。

 

 

いや~いやいやいや。相変わらず芥見先生は鬼ですね。

 

僕はこの作品の中でもナナミンが一番好きなキャラなのですが……好きなキャラなのですが……。本誌の方でも追っているので展開は知っていましたが……。それだけに読むのが辛かったですわ。

 

この作者さんは、ナナミンのアニメ声優発表のタイミングでナナミンぶち殺すし。アニメで野薔薇の兄貴が登場したと同時に野薔薇の兄貴をぶち殺す(まだ未確定ですが)し、本当に心を折ってくる。

 

アニメも丁度ナナミンがカッコいい所だったので、この仕打ちはないぜえ……と思いつつ、ぜひここまでアニメ化してほしいと思っています。そもそもあの絵をアニメが出来んのかが心配ですけど。それはチェンソーマンにも同じことが言える。

 

本誌の方ではそろそろ渋谷事変が終わりますが、ここからの展開がどうなるのかは全く分からないですね。敵も味方も死人が多すぎるし、生死不明のヤツも多い。

 

一話読むたびに次が気になる……! というのは良い漫画だからなのでしょう。今後も追いかけていきます。

0PEOPLE