こんな静かな秋の夜には深夜徘徊したくなる。ね。

巷ではその肝っ玉はダチョウの脳みそよりも小さいと囁かれる僕ですが、基本的に夜行性で夜の時間が好きです。深夜のお出かけとかもう興奮しちゃう。小さい頃からそうで、大人になっても変わらずでした。

 

 

この頃は夜になるともう空気もひんやりとしていて、鈴虫の声なんかも鳴っていてとても秋~! って感じ。テンションが上がってしまう。こんな夜は深夜の散歩がオツです。

 

12時回るか回らないかという時間。次の日が仕事なら、チッそろそろ寝るか……としぶしぶ就寝準備を始めるところですが、休前日ならそんな必要もない。瞼が重い? そんなの気のせい! 俺の夜はまだまだこれからだぜと気合を入れなおしてどっぷり夜更かしです。

 

で、ふんどしを締めなおして夜更かしをするからには、夜食が必要不可欠です。ならば、寝間着に一枚上着を羽織って、出かけましょうコンビニに。持ち物はスマホひとつ。財布はいりません。だってpaypayがあるから。

 

音楽を聴いても良いけど、しんとした夜の音を聞きながら歩くのもいい。その日の気分でお好みに。ちなみに音楽を聴くとしたならば、僕は勿論スピッツです。

 

深夜のコンビニってめちゃくちゃ好き。わずかな客入り、静かな店員さん。白く明るい店内なのに、店中に深夜の匂いが溢れている感じ。

 

飲み物とお菓子と、買う予定のなかったアイスと、明日の朝兼昼用のパスタサラダなんかを買って、アイスを食べながらテクテクと帰宅。

 

テレビの前に座って電源をオン。コントローラーを握る前に買ってきたデカビタなんかをゴクゴクと飲む。痺れる強炭酸が喉を焼き、身体にジンと染みていく。この瞬間、僕は思うのです。

 

ああ、これが”幸せ”か──、と。

 

そして連休最終日、こう思うのです。

 

もっと何か、こう、生産的なことすりゃよかった──、と。

 

おまけの一言

 

なぜか知らないけれど爪切りを無くしました。どこにやったのか皆目見当もつきません。

 

間違いなく家の中にはあるはずなんだけど……。

 

0PEOPLE