【セブンイレブン】とみ田監修 冷やし豚中華 冷やし&ガッツリの見事な調和に感服

どうもどうも、越後の不健康大魔神ことぬまじりです。カップ麺上等。コンビニ弁当どんとこい。今日の夕飯はじゃがりこや!

 

さてさて、僕もよくお世話になっております大手コンビニ「セブンイレブン」での名物となっている、「中華蕎麦 とみ田監修」シリーズ。この人気商品シリーズにまた新たな製品が仲間入りしておりました。

 

 

コイツだ。「冷やし豚中華」。お値段は税込で550円です。黄色は注意喚起の色のハズですが、ここ最近はこの手のラーメンに黄色が用いられているので、段々と美味しそうな色に見えてきました。ラーメンイエローもあるしな。

 

 

フタを開けるとこんな感じ。やだ~具沢山! 黒コショウとニンニクのいい香りがします。余談ですが、最初僕はこれは平日昼のランチタイムに、あろうことか社内で食ってやろうと思っていました。あの時の僕は本当にどうかしていた。やめといて本当に良かった。

 

具材はもやし、きゃべつ、水菜、玉ねぎ、鰹節、チャーシュー、赤いのは玉ねぎ辛味和えとのことです。水菜はしゃきしゃきですが、もやしとキャベツにはサッと熱が加えられている模様。

 

 

具材の乗った面を外すと、下には極太麺とスープ、それとニンニクマヨがお出ましだ。こいつらを全て器に開け、麺をほぐしながら丁寧にかき混ぜていただきましょう。

 

最初に感じた香り通り、ニンニクと黒コショウのパンチがしっかり効いたお味です。こいつが冷たい豚骨醤油スープと混ざり合って、ガッツリとした味わいになっています。

 

しかしそれだけではなく、存在感のある鰹節や、シャキシャキとした食感が瑞々しいたっぷりの野菜達のお陰で、ガッツリではあるものの「冷やし」としてのさっぱりさも両立。見事なバランスです。

 

ブロックのチャーシューは、ジューシーというよりはしっとりとした味わい。これがこの麺には非常にマッチしている気がします。美味しい。

 

麺はワシワシとした食感の極太麺。見た目は完璧だけど、食感という面ではやはりまだまだかなというのが正直な所。噛んだ歯を押し返してくるようなコシが足りない。このあたりが改良されると、コンビニチルドラーメンはもっと美味しくなるでしょう。

 

さらりとしたスープとこの極太麺、そして冷やしという形態。普通なら麺にスープが殆ど絡まないはずですが、今回の商品はマヨネーズを混ぜていることと、さっと火通しされた沢山の野菜達のお陰で、そいつらと絡んだスープがしっかりと口にまで運ばれ、一体となって味わうことが出来ました。

 

以上、「がっつり」と「冷やし」を見事に両立した一杯でした。非常に美味しかったです。個人的には、これまでの「とみ田監修」シリーズの中で一番好きかも。

 

 

期間限定での販売だそうなので、気になる人はお近くのセブンまでお急ぎください。僕ももう一回くらいは食べたいな。

 

0PEOPLE