腹が減ったら新潟大学前の中華料理屋「老広東」へGO! ~美味い・安い・量が多い~

およそ人に紹介できるようなものではない、凄惨な大学生活を送ってきた僕ですが、大事にしたい思い出の地というものがいくつかあります。その一つが、「老広東(ラオカントン)」という中華料理屋です。

 

旧ワールドビュッフェのあたり、ローソンの裏手にあるこじんまりとしたお店です。店の前の駐車場は車2台分のスペース。道路に面しているのでぶっちゃけめちゃくちゃ停めにくいですが、執念で駐車! そして入店!

 

注文したのは「鶏のうま煮 700円」です。そして老広東さんは大盛が80円なので、迷わず大盛をセレクト。

 

店主のお父さんがふる中華鍋の音を心地よいBGMとしながら優雅に待つこと暫し……。

 

 

来ました。ドカ盛りです。そう、老広東さんは安価でありながら盛りが凄い、まさに学生に優しい店なのです。

 

分かりにくいかもしれないですけどね。これ、めっちゃ多いですよ。そんで左の茶碗に入ってるのは何だと思います? 鶏のうま煮です。右のデカい皿に乗っているものと同じです。恐らく、乗せきれなかった分を別皿で提供してくれました。

 

アホか!(歓喜)長年やってるんやから分量くらい考えろや!(賞賛)

 

長年こうして新大生の腹を満たしてくれていることに感謝しつつ、食べ進めます。大きく切られた具材はとろりとした餡に絡められて飯が進む。かといって味付け自体は大味ではなく、シンプルな美味しさがあります。野菜もたっぷりだし、鶏肉は(多分)胸肉です。でもとにかくデカいので食べ応えは抜群。

 

僕はどちらかと言えば量食える方の人間ですが、結構ギリギリで完食しました。美味いから食えるんだ。胃袋の容量に自信がない方は大人しく普通盛りで留めておくのが吉です。ぶっちゃけそれでも多いけどね。

 

あと、老広東さんはお手製の漬物と、ザーサイが食べ放題です。これがまた美味えんだ。ザーサイってそんなに食べる機会無いけど、ピリッとした辛味が好きよホンマ。

 

とにかく安価で、量が多く、そして美味しいお店です。まさに学生の味方という言葉が相応しい。いつまでもそこにいて、新大生や僕のような飢えたサラリーマンを癒してほしいなと思います。

 

メニューもかなり豊富なので、またちょいちょい通いたいですね。

0PEOPLE