海! 酒! 裸! なバカコメディでした 井上堅二・吉岡公威 / ぐらんぶる

どうも、新人営業ぬまじり(3年目)です。暇を持て余す成人男性の日々。スマホに入っている漫画アプリで時間を潰す日々。そんな中で出会った作品。

 

あ、これ今度実写化するヤツか → 何話か無料で読めるな…… → おもろいなコレ → あ、おもろいなコレ! → 週1更新ン!? 待ち切れるか!

 

というムーブをかまし、買ってきました。

 

 

「ぐらんぶる」全15巻を!

 

いや~、この全巻オトナ買い。この瞬間が一番好きです。めちゃくちゃテンション上がる。テンション上がったのち、「もう本棚空きがねえよ……」という状況になるまでが既定路線。

 

原作の方の名前、どこかで見たことあるな……と思ったら、「バカとテストと召喚獣」の作者だったんですね。バカテスですよバカテス。中学の時凄い読んでました。どーりで好きなノリなわけだ。

 

大学進学を機に、叔父の家に居候することになった主人公が、なし崩し的にダイビングサークルに入って……。というのが大枠のストーリー。その内容はとにかく……。

 

酒! 裸! 酒酒裸!! 裸酒酒裸裸酒!!! そんでたまに海!!!!

 

という感じです。とにかく裸が大量に出てきます。……男の。

 

 

とにかくこんな絵面が続く。海のそばの街で送る輝けるキャンパスライフを、愛すべきバカな男たちのノリてんこ盛りで描かれます。

 

良くも悪くもギャグのノリが若い。原作者は元々ラノベ作家ですからね。好きな人はとことん好き。合わない人には全然合わないかもです。僕は裸芸が好きですし、こういうアホなノリが好きなのでピンズド。なんだろ、別作品だと、ウォーターボーイズとかの雰囲気があるような気もします。あれも好きな作品だ。

 

ですが勿論それだけではなく。ハイテンションなギャグの応酬をメインにしつつ、所々に気持ちよく差し込まれる青春具合が良い。泳げないということで、最初はダイビングに抵抗を見せていた主人公が、段々と海の世界に惹かれていく様子とか、少しずつ進展したりしなかったりする仲間、ヒロイン達との関係性とか。

 

それぞれ尖ったノリと外道な一面を併せ持つキャラクターは皆魅力的で、不快感がありません。名ありのキャラで不快なキャラクターはいないと言っても過言ではない。

 

各々が自分の好きなものに(良くも悪くも)全力で真っ直ぐ。だからこそ見ていて気持ちが良いのでしょう。

 

とにかく真っ直ぐで振り切ったギャグコメディです。アホくさいノリが好き、かつスカッとしたい人にはおススメしたい。

0PEOPLE