【8月8日(土)横浜vsヤクルト】熱い試合でした【佐野・エスコバー・三嶋】

どうも、星の煌めきを胸に宿す新人営業ぬまじり(3年目)です。VICTORY is within US.

 

本日の試合、明治神宮球場にて行われたヤクルトvs横浜8回戦。熱い試合でしたね。胃が痛くなるシーンも多かったですが、振り返ってみると面白い試合でした。まあ、勝ったから言えることなんだけどな。

 

 

試合のヒーローは佐野。1-2で迎えた3回に同点タイムリー、5回にはフルカウントで粘って粘って最後少し甘めに入った変化球を捉えてバックスクリーンへの勝ち越し2ラン!

 

この打席は興奮しましたね~。小川も厳しいところをついてきていましたが、そこをファールでしのぎ、甘い球を見逃さずに仕留める4番の仕事。チームに勝ち越し点をもたらすと共に球数を稼ぎ、小川を5回でマウンドから引きずり下ろしました。なんかもう、打ちそうなオーラがありました。

 

開幕から全試合4番に座り、打率安打数はリーグトップ。それにホームランと打点も着いてきた今、もう誰も佐野の4番に異を唱える人はいないでしょう。正直ここまでやるとは思わなかった。結果が自身を生んで、のびのびスイングできている印象です。

 

そして痺れるリリーフを見せてくれたのはエスコバー三嶋

 

ここまで抜群の安定感を誇っていた石田が打たれ(神里のやらかしもありましたが)、1点差まで詰め寄られた8回の2アウトから登板。ここで追いつかれたら多分負けるだろう……ファンの誰もが思っていたマウンド。

 

ここまで打率3割超えを好調をキープするヤクルト山崎に対し、自慢のストレートが唸りました。150キロ後半をバンバンストライクゾーンに投げ込み、最後はスライダーで空振り三振。今日はコントロールも安定していましたね。痺れた~。

 

そして9回は三嶋。1点差で流れは相手にあるという、これまでで一番厳しいセーブシチュエーションでしたが、無事0点に抑えて5セーブ目。宮本にヒットを許すも、最後は代走で出てきた渡邉を矢のような牽制で刺してゲームセット。少し驚きの幕切れにはなりましたが、試合を勝ちで締めればそれでよし。

 

ここ数試合の三嶋、エスコバー、石田からは凄みのようなものを感じます。山崎、パットンが不調の今、俺達がやらなきゃどうするんだというような迫力です。かっこいいぜ。

 

ハラハラした試合でしたが、勝ってくれて本当に良かった! 勝ちパターンをつぎ込んだ甲斐があったっつーもんや。

0PEOPLE