金曜ロードショーで映画「聲の形」を観た / 川井みきというキャラについて

どうも、新人営業ぬまじり(3年目)です。去る7月31日の金曜ロードショーで、京都アニメーション制作の映画「聲の形」が放映されました。

 

 

公開されたのは2016年。様々な賞を獲得したアニメーション映画です。原作は少年マガジンにて連載されていた大今良時さんの漫画『聲の形』ですね。

 

公開当時もかなり話題になっていたので、観よう観ようと思っていたのですが結局観ず。この地上波公開にまで延び延びになる運びとなりました。

 

ちなみに漫画はリアルタイムで追っていました。単行本も全巻持っております。全7巻。読みたい方がいれば貸しますんで声かけてちょうだいね。

 

さて、映画もしっかり見させていただきました。

 

まず映像が綺麗! 手話でのやり取り(使用者の熟練度を考慮して動きも変えているようです。すげー)や教室の空気感、微妙な視線の動きなどはリアルに表現されており、かつ、アニメでしか表現できないような映像や演出がなされています。作品で扱うテーマが重い分、作画は柔らかく爽やかなイメージを与えてくれるものになっていたと思います。

 

あとはやっぱり、アレですよ。京アニさんが作るアニメですからね。西宮さんが可愛いかった。いやむしろ天使。結絃も天使でした。

 

うんこ頭は良いヤツだったね。うんこ頭のお陰で話に明るさが出ていたと思います。ちょっとうっとおしいけど、作中で一番良いヤツなのではないかと思っていますようんこ頭。うんこ頭だけどな。

 

登場人物の1人、「川井みき」について

 

Twitterのトレンドを見てみたところ殆どが「聲の形」関連で埋まっていたので、かなりの数の人が見ていたことが分かります。そんな中目についたのが、登場人物の一人、「川井みき」に関するキーワード。一口に言えば、偉い嫌われようでした。

 

気持ちは分かります。彼女は作中でもかなり読者、視聴者のヘイトを集めるキャラクターです。僕も「あ~川井さん嫌いだわ~」と思います。大多数の人にこう思わせるということは、やっぱり彼女は良いキャラクターなんだなと思います。

 

「聲の形」に登場する人物は、皆何かしらの、ある種致命的ともいえる欠点を抱えていて、それはヒロインである西宮さんも例外ではないのですが、川井さんのそれは他のキャラクターと比較してみても、見ている人が特に共感できてしまうポイントだったのではないかなと思います。

 

なんだかんだ言っても、一番大事なのは自分。嫌な所もダメな所も勿論あるけど、自分が一番可愛い。決して清廉潔白ではないけれど、それでも人間を「善」と「悪」に2分したら、間違いなく自分は「善」の側にいると思ってる。川井さんの欠点は、こんな「無意識の自己愛」ではないかなと。

 

でも、こういう一面って世の中に生きるほとんど全ての人間が持っているところだと思うんですよね。勿論僕も含めて。僕は決して自分のことを正しい人間だとは思っていないですが、それでも大手を振って道の真ん中を歩く権利は持っていると思っています。無自覚に。

 

このポイントって結構クリティカルなんじゃないかな。自己否定の化身と化した石田や、周囲との対話をある種拒む西宮さん、良くも悪くも直情的な植野らのそれと違って、川井さんの「欠点」って、一言で表すなら「醜い」んですよね。皆が持ってる、自分が一番直視したくないところ。「あー、まあそういうこともあるよね」で流せない。「人としてどうなの……?」ってなっちゃうところ。

 

川井さんは、人間が奥に抱える一番汚いポイントを象徴する人物ではないかなと。だから見ている人の共感を呼び、嫌われてしまうのかなと思いました。

 

流石に原作の全てを映画化するわけにもいかないので、漫画と見比べると色々端折られてるところとかもありました。金曜ロードショー版はそこから更にカットが加えられているっぽいので、やや展開が急だなとも感じましたね。どこが飛ばされたのかは分かりませんが。

 

まあその辺が気になる方は、改めて映画をレンタルするか、漫画を読んでみてもいいかもしれないですね。特に真柴君の内面は、映画だと殆ど描かれていなかったように思うので、あれだけみると「こいつなんなん……?」と思われても仕方ない。彼は彼で、歪んではいるものの、個人的には共感できるキャラクターでしたよ。

 

さて、長くなってきたのでこの辺で失礼したいと思います。見る人に色々なことを考えさせてくれる、素晴らしい作品でしたね。というまとめをしつつ今回はドロン。

0PEOPLE