セ・リーグ防御率トップは横浜の平良拳太郎だ

どうも、星の煌めきを胸に宿す新人営業ぬまじり(3年目)です。ここまで各チーム約15試合を終えてきた日本プロ野球。我が横浜ベイスターズは現在巨人に次いでのリーグ2位につけています。

 

ここまではとにかく打線好調! という印象ですね。前評判に恥じぬハイパーパワー系打線。ここまで15試合中10試合で2桁安打。チーム打率はリーグトップの.297。

 

粘れて選べて長打も打てる最高の1番梶谷に、超重量級打者のソトオースティン、チームバッティングに徹する新4番の佐野に、ここぞという場面での一打が光るロペス、そして絶好調の宮﨑。下位に入る伊藤戸柱大和柴田の調子も良く、隙が無い。戸柱→柴田で1点を取ったときは本当に嬉しかったです。

 

打線の好調が目立ちますが、投手陣も悪くないと思います。今永、濱口は安定していますし、坂本も先発した試合は見事なピッチングでした。しかし、今「来て」いるのは彼じゃないでしょうか。

 

 

プロ7年目の平良です。ここまで3試合投げて防御率は0.95。堂々のリーグトップです。抜群の安定感ですね。特に日曜の試合は凄かった。試合を支配していました。これぞTHE・GAMEや。

 

平良は山口俊がFAで巨人に移籍した際の人的補償としてやってきました。当時から「え? 結構いいの取れたんじゃない?」と噂にはなっていました。今は高らかに言えます。ええの取ったわ!

 

とにかく制球が良いので、確実に試合を作ってくれるであろう安心感があります。あとはラミちゃんの信頼を勝ち取って、長いイニングも投げられるようになるだけですね。そのためにはスタミナも大事やな。100球が近づくと少し球が浮いてくる気がするので。

 

この平良が、今永濱口に次ぐ、もしくは匹敵するような、3枚目の先発になってくれると、横浜の先発ローテもグッと安定するなと思いました。最後までローテを守り切って、規定投球回と2桁勝利を達成してほしいですね。

0PEOPLE