久方ぶりのうめこまちに舌鼓を打つ

どうも、新人営業ぬまじり(3年目)です。新潟大学の周辺には、学生に優しい美味くて安くて量の多いお店が沢山あり、多くの新大生で賑わっています。

 

僕も新大生の端くれとしてそのムーブメントに乗っかり、1人で昼飯を食べに行ったり、1人で晩飯を食べに行ったりしていました。たまにはサークルの人と食いに行ってました。

 

老広東、千滋百味、八珍柿、担々麺屋、権倉、今は無き兆治、ゑどや、はりまや……このあたりには大変お世話になりましたね。あなた達の作ってくれたご飯で、僕、とっても大きくなりました……(卒業時の体重74kg)

 

もう一個忘れてはいけないのがうめこまちですよ。家からは方向が逆だったので、西門~正門方面のお店よりは利用率が低かったですが、それでもお気に入りの店でした。なにせ唐揚げがでかくて美味い。しかも安い。

 

新大周辺で唐揚げが食べられるところは数多くありますが、個人的にはうめこまちの唐揚げが一番好きです。権倉の油淋鶏も好きだったな。

 

ゆうふく弁当の唐揚げもあれはあれで好きです。鬼のように重たい、若い胃しか受け付けることの出来ない味ですね。人生のうちで最も若く、輝ける時にしか食べられない……ゴールデンな唐揚げでした。

 

で、今回はうめこまちの話でしたね。僕はめったに仕事で西区の方には行かないのですが、たまたまこの日は大学そばまで行く用事があったので、ついでにうめこまちで昼飯を食っていくことにしました。

 

 

選ばれたのはサービス唐揚げ定食。税込み570円ぽっきり。南蛮タレ×タルタルソース×唐揚げの間違いない組み合わせ。美味え……! 美味え……! と、飯をかっ食らいつつ、脳裏によぎるのは1人で受けた講義、1人で食べた昼飯、1人での帰路、バックれた卒業式……等々、輝けるキャンパスライフの思い出。

 

いつもよりも白米に塩味を感じつつ、久しぶりのうめこまちに舌鼓を打ちました。

 

ちなみに僕は小さい頃、一度「舌鼓を打つ」「したづつみをうつ」と間違えて覚えてしまったことがあります。自分の過ちに気付いた時はそりゃもう赤面ものでしたよ。あれがワイの羞恥心の目覚めやな。

0PEOPLE