横浜DeNAベイスターズ 開幕3連戦の感想……

どうも、新人営業ぬまじり(3年目)です。6月19日(金)よりいよいよ開幕しました、プロ野球2020年シーズン。金土日と最初の開幕3連戦が行われました。我がベイスターズは本拠地ハマスタで広島カープとの試合です。

 

金曜の開幕戦は用事があったためリアルタイムでは観られませんでしたが、2戦目、3戦目はしっかりTVの前で応援していましたよ! まずは結果を振り返ってみましょう。

 

初戦は1-5で負け。

 

2戦目。5-10で負け。

 

3戦目。2-1でサヨナラ勝ち!

 

結果は1勝2敗と負け越し。残念ではありますが、開幕3連敗は避けられたのでよしとしましょう。

 

初戦はとにもかくにも大瀬良が良すぎましたね。ロペスのソロホームラン一本で完璧に抑え込まれてしまいました。し、打たれてしまいましたね。国吉から大瀬良がホームラン打った時は変な笑いが出てしまいましたわ。

 

コンディションが悪い中でしたが、今永は粘って投げていました。でも、やっぱり所詮は勝ちたかった! し、勝ってほしかったです。

 

2戦目は中継ぎが崩壊しましたね。石田、三嶋、平田、伊勢、4人のリリーフが全員失点してしまいました。ピープルズがかなり良いピッチングをしてくれただけに、リードを守れなかったのは痛かったです。

 

でも、ピープルズは予想よりもずっといいピッチャーでしたね。制球が安定しているので大崩れしなさそう。マウンド上で表情を一切崩さなかったところもクールで良かったです。ポーカーフェイスや。ローテーションの一角として期待ができます。

 

あと、新人の伊勢も中々いいなと思いました。ストレートに力があって見てて気持ちよかった。多少制球がアバウトな所もありましたが、それも味でしょうか。

 

3戦目は9回に広島新外国人のスコットを打ち崩し、4連打で締めました。最後は宮﨑のサヨナラタイムリーツーベースで試合終了。念願のシーズン1勝目をゲット。

 

この日は投手陣も安定していて、締まったゲームでしたね。先発の平良は序盤こそ球数稼がれたものの、後半は安定のピッチングで6回を投げ切ってくれました。国吉は初戦を引きずらず、ナイスリリーフ。パットンは練習試合から安定しています。今年は気合が入ってるぜ。

 

打線は広島先発森下に抑え込まれてしまいました。あと1本が出なかったなという印象。要所要所で力強いストレートを良い所に決められてしまいました。でも、ドラ1とはいえ、ルーキーにしてやられたのは残念でした。なんか今年一杯苦しめられそう。

 

やきもきさせられる展開の多い試合でしたが、やっぱり野球が観れるというのはいいことですね。ないと寂しいのに、あればあるでイライラもするから不思議や。

 

とにかく、これでいよいよ今シーズンもスタートしました。今年も気合を入れて応援していこうと思います。

0PEOPLE