ごめん、同窓会には行けません。いま、無人島にいます。崖を行き来するための坂と橋を作っています。

どうも、新人営業ぬまじり(3年目)です。外出自粛な今日この頃ですが、どうぶつの森世界では桜も咲き乱れておりますし、釣りに虫取りとアウトドアも満喫できます。これもう実質お外で遊んでるようなもんです。なあんだ、俺って活動的じゃん。

 

さて、今日も今日とて元気にどう森活をやっております。現在の僕の目標は「はしごやたかとびぼう無しでも快適に移動ができる島にする」となっております。

 

今作は初期状態だと移動できる範囲に制限があり、ある程度進めると貰える(作れる)アイテムで、その制限の先に行くことができるというシステムになっております。しかし、一回一回その道具を出したりしまったりするのは面倒くさいし、何より住人の家を決める際に困る。

 

坂が無くても崖上に建てられるのかもしれませんが、まあなんというか、可哀そうですし。ちゃんと徒歩で繋がっている範囲で家を決めてあげたいと思いますし。僕の中に宿るこの優しさを信じ、3部屋目を作ったところで自宅の増築は一旦ストップし、島の環境整備に乗り出すことにしました。

 

川には橋をかけ、崖には坂を作ります。しかし、その工事をするためには金がかかるのです。それも結構な金額。10万~20万ベルですね。タヌキめ、足元見やがって。

 

というワケなので、最近の僕はとにかく金を稼ぐことに必死。基本的にどう森世界での資金源は魚と虫なので、ひたすら乱獲する日々です。たまにふらりとやってくる、ミッションをクリアすると魚や虫を通常の1.5倍で買い取ってくれる奴ら(ジャスティンとレックス)が来たときは稼ぎ時です。商店は22時で閉まってしまいますが、こいつらは深夜までいるので、寝る直前まで稼ぐことができます。

 

とりあえず、早く島内移動の利便性を高めたいですね。

 

おまけ

 

部屋のメインルームをどうするかが未だに決まらない。ちなみに他2つの部屋のコンセプトはそれぞれ「田舎の実家の自室」「山の中の掘っ建て小屋で生活する風来坊の住処」です。

 

0PEOPLE