画力というものも遺伝するものなのか

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。もうすぐ社会人2年目も終わりということで、恥ずかしながら子供の頃の夢を発表したいと思います。脈略がねえな。

 

実は僕、中学生の時は小説家に、小学生の時は漫画家になりたいと思っていました。理由はそのまま、漫画とか小説が好きだったので。ただ、残念ながら僕に創作の才能は1ミリもなかったようなので早々に諦めましたが。中学2年生の時、一念発起して原稿用紙を買い込んで、結果2ページ目で筆を折った経験があります。

 

小学生の時は漫画家になりたかっただけあって、一般的小学生男児と比較すると、少~しだけ絵が描けました。お絵描き偏差値に表すと53くらいだったと思います。まあそちらも勉強したり練習する気概は無かったので、そこからの成長はありませんでしたが。

 

そんな夢破れた過去を持っているので、個人的に絵が描ける人や文章が書ける人は本当に尊敬します。という中で目に入ったツイート。

 

 

「アイシールド21」や「ワンパンマン」の作画で有名な漫画家、村田雄介さんの娘が描いたイラストらしいです。…………上手くね? 10歳の女の子でしょ? なんかもう、よく分からんけど、既にもう上手いですよね。そんで、将来的にめちゃくちゃ上手くなりそうな気配を感じます。

 

村田雄介さん事態、べらぼうに絵が上手い方なので、「画力も遺伝するものなのか……」とか「やっぱり環境かしら……」とか、いろいろと考えてしまいました。絵が描ける人は凄いっすね。永遠に憧れます。

 

おまけ

 

待ち望んだしずえさんがついに僕の島にやって来ました!

 

 

可愛い……この島に移住して結婚したい……。

 

0PEOPLE