日々の生活に疲れたので無人島に移住することにしました【あつまれ どうぶつの森】

灰色に塗れたコンクリートジャングルは、堅牢ではありますが、硬く、寂しく、冷たい感じがします。その中で暮らしていると、時々心が荒んでくる時がある。

 

そう言う時にはやはり自然に触れたいなと思います。瑞々しい緑、抜けるような空の青と澄んだ空気、そして柔らかく暖かな土の感触……その中で暮らしてみたいと、そう思うのです。

 

というわけでどうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。日々の生活に疲れたので、ちょいと無人島に移住することにしました。

 

 

たぬき開発が打ち出した「無人島移住パッケージ」に乗っかって!

 

 

よろしくお願いします! 早く僕を冷たいコンクリートジャングルから連れ出してください!!

 

そしてついに無人島に到着……! テントを張って、これで移住完了! なんという身軽な引っ越し! 物を持たない暮らしというのは、思考もシンプルにできる! これがミニマリストってヤツだ!

 

 

自然溢れる無人島で、自然体なまま過ごす。都会と違って島の時間はゆっくりだ。生きるために必要な資材を自らの手で集め、食料を自らの手で入手する。ああ、これが本当に「生きてる」ってことなんだな……。俺……俺……! この島に来て……! 本当に良かったっ……!!

 

 

は?

0PEOPLE