【外回り営業マンの新潟ラーメン探訪記】吟醸味噌らーめんまごころ亭 / 担々麺

ラーメンの麺が吸うのはスープだけではない。食べるものの心を、魂を吸い取るのだ。吸い取られた魂は極度の飢えに苦しみ、そしてまたラーメンを求める……。ラーメンって、恐ろしい食い物やなあ。

 

というわけでどうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。今回は中央区紫竹山にありますまごころ亭さんに再び来店。この時知ったのですが、まごころ亭さんは夜遅くまで営業してくれているんですね。24時までやっているみたいです。この日は11時過ぎに入りましたが、それでも少しだけ待ちました。驚きの盛況ぶりや。

 

で、そんな夜遅い時間にラーメン屋を訪れた目的はこいつだ。

 

担々麺 880円

 

ハイー、担々麺ですね。最初に来た時から気になっていた一杯。ついにありつくことができました。

 

胡麻味噌系のスープです。所謂ドロ系。濃厚ではありますが、食べやすい。山椒の痺れとラー油系の辛味が程よく聞いており、でもそれほど気にならないです。苦手な人も大丈夫!(だと思う)

 

ドロリとしたスープに絡むのは中太麺。モチモチです。

 

具材はネギ、もやし、あとは鶏肉と細かくされたタケノコに、(恐らく)ザーサイですね。それとナッツ。こいつらが細かくされてスープに馴染んでおり、スープを飲むと一緒に沢山の具が口に入ってきます。食べるスープと言ったところでしょうか。ナッツの甘みと香ばしさが味噌の甘みと絶妙にマッチしています。

 

味噌も美味しかったけど、こっちも美味かった。食べ応え抜群、濃厚な旨味とコクで飽きさせない味わいになっていました。個人的にはもっと辛味があってもいいかなと思いました。個人的にはね。

 

しかしアレですね。夜12時近くに食べるラーメンの美味さと言ったら、これはもう言い表しようがないですね。背徳の味だ。

 

この時間まで店を開けているラーメン屋はそう多くないので、今後も夕飯が遅くなってしまったときはお世話になりたいと思います。

 

0PEOPLE