【外回り営業マンの新潟ラーメン探訪記】SHINASOBA 颯々樹 SASAKI / 琥珀重ね醤油そば

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。非常に保守的かつ安定志向の僕は、一度気に入ったお店を延々とリピートしがち。というわけで最近はラーメン屋の新規開拓を目標の一つに据え、行ったことのないお店に足を向けることが多くなりました。今回のお店もその一環で足を運んだお店です。

 

 

東区新松崎にあるSHINASOBA 颯々樹 SASAKIさん。ラーメン屋とは思えぬおシャンな店名。前々から存在は知っておりましたが、この度初来訪です。店構えもなんとなくシュっとした感じなので、僕もしっかりとジャケットを羽織り、居住まいを正して入店。

 

席についてキョロキョロ。あれ? メニューがない……? と思ったら。

 

 

これがメニューでした。

 

 

まずは基本の醤油ラーメンから。

 

 

お得なランチセットもあり。これも頼むことにします。

 

琥珀重ね醤油そば 630円

 

初来訪ということで、まずはこの店の基本となるラーメンを頂きます。まず具が面白いですね。かいわれ大根と、かまぼこ。麺の盛り付け具合も美しく、程よく透き通るスープが眩しいです。まずは一口……。

 

上品な口当たりです。少し甘さがあるでしょうか。あっさりとしてはいますが、深い旨味があります。

 

麺はどちらかというと加水率低めな感じでしょうか。あっさりとしたスープを程よく吸って、ズルっと口までスープの旨味を運んでくれます。角のある細麺で、食感が心地よいアルデンテ。時折口に飛び込むかいわれの辛味が気持ちいアクセントです。

 

チャーシューは2種類。歯ごたえのあるロース系と、とろりとしたロール系。ロースの方は余分な味を加えず、肉の美味しさを純粋に味わうことができます。ロールは少し甘い味つけでしたが、それでも主張は控えめでした。

 

飲み会帰りに食べたくなるような、そんなラーメンでした。優しい気持ちになりたい時にまた食べにこようと思います。今度は塩を食べてみようかしら。

 

 

0PEOPLE