何故かノートがだんだん増えていく

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。世俗に疎めの僕ですが、人並みに好きなものが「文房具」ですね。普段時間が空くとついつTSUTAYA等の書店に寄ってしまいます。本を探したいという目的もありますが、文房具の物色も大きな目的のひとつになっています。

 

いいですよね、文房具。高校生までは全く興味が無かったのですが、大学に上がったあたりから急にこだわりだすようになってしまいました。その頃なんてほとんど紙とペンを必要としていなかったクセにね。人生で最も勉強していた時期はノートも筆箱もシャーペンもテキトーに安いのを選んでいた記憶があります。今思うともったいなかった。

 

特にペンやノート等の筆記用具系が好きで、ついつい手にとって購入しようとしてしまいます。そしてそのたびに「いやどこの場面で使うねん」と思い直して棚に戻しています。

 

仕事のスケジュールやタスクの管理をデジタルで行うかアナログで行うかは各々好みが分かれるところですが、僕は両方試した結果、紙とペンを用いる方向に落ち着きました。単純にこっちのほうが頭を整理しやすかったのもありますが、手帳を使うのが社会人っぽくて格好良かったからというしょうもない理由もあります。なので、仕事で使う手帳とペンは気に入ったものを購入しましたが、ここで一つ問題発生です。

 

新しくノートやペンが欲しくても、使う場がない。

 

もう仕事で使う道具は固まってしまっているわけですし、僕はあまり気分によって使い分けをせず、一度決めたものは壊れるまでそれ専用のものとして使い続けるので、買っても補欠扱いになってしまいます。でも欲しくなる。ならばどうするか。簡単な話です。

 

プライベートで使えばええやん。

 

 

そう思って買ったノート達です。目的はなんだったかな。確か、「日記を書く」「日々の思いつきを書く」「思考を整理する」等々の高尚な目的が彼らにはあった気がします。ネタバラシしてしまいましょう。4~5ページしか使ってません。

 

真ん中の銀色のノートは罫線のない真っ白なノートで(メモやノートを取る際は罫線のあるノートよりも完全な白紙のほうが好きです。学生時代のノートも真っ白なものを使っていました。漢のこだわりや)、しかもこの際「久しぶりに鉛筆を使ってみてえなあ」と2Bの鉛筆と鉛筆削りまで買ってしまっています。が、使っていません。どうしてこうなった。

 

僕にはこういうものが結構あります。ルーズリーフ5~6枚しか挟んでないリングノートとか、なんの書類も入っていない多機能ファイルとか。宝の持ち腐れとはまさにこのことやな。

 

ちなみに、大学2年生の時に「絵を描いてみよう!」と思い立って買ったスケッチブックと色鉛筆(36色!)も持っています。もしかしたらと思ってアパートにも持ってきています。勿論、使ってません。3ページくらい謎の抽象画が描かれているのみです。げに勿体なき。

 

買ったノートをちゃんと使い切るようにしたいです。ひいては、当初に定めた目的、目標をやり通せるように。2020年の目標とでもしておこうかと思います。

 

 

 

0PEOPLE