【外回り営業マンの新潟ラーメン探訪記】RA-MEN OGIKAWA / 豚骨しょうゆ

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。寒いですよ、寒い寒い! 先日はついに新潟にも初雪が観測されましたし、なんだかんだでもう12月です。年の瀬ですねえ……。身体を冷やしがちな今日このごろ。こんなんラーメン食うしかないやんけ!

 

というワケで本日訪れたのは東区山木戸にありますRA-MEN OGIKAWAさん。

 

 

I♡豚骨の看板が踊っている通り、豚骨ラーメンが名物のお店みたいですね。

 

 

担々麺という字面に目を引かれましたが、やはり初来店ということで今回は豚骨しょうゆをチョイス。そんで調子にのってAランチセットも頼んでみちゃいました。基本の豚骨しょうゆ+三種の米類。その中から選んだのはこちら。

 

豚骨しょうゆ+ドロたま丼 900円(税抜)

 

ドロたま丼にしてみました! 卵がまるまる一つのった迫力のある丼です。こいつは楽しみだなあと胸を踊らせつつ、まずはラーメンから味わっていきましょう。

 

脂の層がバッチリ見える豚骨スープです。豚の甘みと旨味がしっかりと滲み出ています。かといって濃すぎることなく、食べやすく飲みやすいくらいの味となっています。中太の麺はもちもちで美味しいです。

 

二枚入っているチャーシューは厚めです。脂の部分はてろんてろんですが、肉の部分はしっかりと存在感があって、噛んでいる感覚があります。こちらもスープと同様、割とナチュラルな豚の味に仕上がっていました。

 

続いてはドロたま丼を……。まずは卵を割ってみましょう。

 

 

これね。もうね、まずいわけがないよね! 黄身がテロンテロンになっている半熟っぷりです。豚骨スープを2すくいかけていただくことにしましょう。

 

具は見ての通り卵と、あとチャーシューにマヨネーズと鰹節です。ああもう、こういうのが結局一番旨いのかもしれないよなあ。マヨとチャーシューと米のコンボで箸が止まりません。あと、鰹節が中々いい仕事をしてくれています。

 

こちらもラーメン同様、食べごたえはしっかりとありつつも、味が濃すぎないのが良いですよね。罪悪感が少しは抑えられるし、後半になっても辛くならない。最後まで箸を止めさせないというのは、中々凄いことだと思います。

 

というワケで完食。ご馳走様でした!

 

0PEOPLE