【外回り営業マンの新潟ラーメン探訪記】中華そば石黒 / 鯛塩煮干しラーメン

寒いのは嫌いだけど、冬は嫌いじゃないの。だって、二人の距離が縮まるから──。……なんて甘ったるいこと言うとでも思ったか! 笑止千万! 寒けりゃラーメンを食えラーメンを! 一人で! 黙々とな!!という訳でどうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。今日もずるりとラーメンをすすっていこうと思います。

 

今回訪れたのは、中央区は弁天橋通りにあります中華そば石黒さん。この前初めて訪れたところで、前回300円引きのチケットを貰ったのでまんまと再訪してしまいました。

 

 

前回食べたのは3種の中華そばのうち、もっとも濃い極にぼ。大変美味しかったので、今日もそれにしようか、別のやつにしようか、迷いを抱えながらの入店。相変わらず煮干しのいい香りが店内に充満しています。な・に・に・し・よ・う・か・なと券売機を見ると、上に「数量限定 鯛塩煮干ラーメン」という文字が踊っていました。折角なのでコイツをチョイス。

 

店員のお姉さんに現金で支払いを済ませ、席について待つこと数分……。

 

鯛塩煮干ラーメン 800円

 

到着。スマートな色合いです。うっすら透けた琥珀色のスープが美しい。具はチャーシュー、メンマ、白ネギ、ナルト、線上の唐辛子に三つ葉ですね。まずはスープを一口……。

 

思ったより塩気が濃い目で、鯛の出汁が効いています。鼻の方に抜ける風味がある。ラーメンのスープというよりは、鯛汁……とでもいいますが、なんか日本料理店で出てきそうな味です。たっぷり入った三つ葉との相性が抜群ですね。

 

なんというか、お茶漬けにしてサササーッ! と食べてしまいたくなるような味です。まあそれ目的にするにはちょっとしょっぱめだけど、とにかくそんな味。なので、ガッツリ系ではありませんが不思議とご飯が欲しくなります。おこげ付きのご飯ならなお良いかも。

 

麺は低加水のストレート。細身です。チャーシューは一枚しか入っていませんが、口に入れるとほろほろと崩れていきます。しっかりと味を染み込ませてありますね。

 

不思議と和を感じた一杯でした。中々食べない上品な味です。ご馳走様でした!

0PEOPLE