呪術廻戦、一気買いしちゃったゾ☆

皆さんには、自分が大人になったな感じた瞬間がありますか? 僕にはあります。それは、金にモノを言わせて漫画を全巻一気買いしたときです。というワケでどうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。

 

先日、「鬼滅の刃」を隣の席の華さんに貸し出しました。すると、部屋の本棚にぽっかりと17巻分のスペースが空いてしまいました。なんだか寂しい気持ちになったので……。

 

 

「呪術廻戦」を一気買いしました! 前から買おう買おうと思っていた作品だったし、本棚の隙間も埋まったしで一石二鳥! 鬼滅が帰ってきたらどうするかって? それはその時考えるさ!

 

呪術廻戦は週刊少年ジャンプで連載中のダーク・ファンタジーなバトル漫画です。ポストBLEACHとも目される人気作で、最近ついにアニメ化も発表されました。

 

僕激推しの鬼滅の刃は、アニメ化によって大きくハネましたが、呪術もアニメの出来次第ではそうなるポテンシャルを秘めていると個人的には思います。

 

セリフやナレーション等、テキスト回しにセンスを感じる作品です。鬼滅のセリフ回しなども大好きですが、別ベクトルで好き。違いははっきりと述べることができませんが、鬼滅は心にしみいる感じで、呪術は心に刺さる感じ……?

 

ちなみに呪術で一番心に残っているセリフは野薔薇さんの「よくも私の御尊顔を……」です。中々出てこんよこんなセリフ。

 

どちらも登場人物が不条理な現実を突きつけられまくる話ですが、鬼滅はその中で光る優しさや、人としての強さが魅力なのに対し、呪術のほうはともすれば哲学的とも言えるようなズバッとした主張……とも呼べるようなものが良いですね。俺は何を言っているんだ? 誰か助けてくれよ。

 

じっくり楽しみたいと思います。そのうちブログで感想みたいなのも書きます。

 

鬼滅とか、他の好きな漫画についても、感想とか語りたいことは沢山あって、いつかそれもちゃんと言葉に起こしたいなと思ってはいるのですが、いかんせん上手くまとめられなさそうなので中々手が出せないというのが現状です。僕の明日はどっちだ。

 

0PEOPLE