【完全主観】一人暮らしの部屋選びで考慮したほうが良い4つのポイント

どうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。僕の目の前に座る新入社員のタブチくんは12月から東京へ転勤することになっています。まずは向こうで住む家探しですが、中々いい感じの物件が見つからず、最近になってようやく決めた模様です。ヤツのことだから、きっと小洒落たマンションなのでしょう。

 

という訳で、今日はそんなタブチくんのように、初めての一人暮らしに向けてこれから家を探す! という方に向け、一人暮らしの先輩である僕から、僕が思う「一人暮らしを始める際に注意したほうが良いこと」をいくつか紹介していこうと思います。

 

1.窓をちゃんと開けられる環境か?

 

一階、二階、窓の南向きなどなどを気にされる方は多いですが、実際にその部屋が窓・カーテンを開けられる環境か? のほうが大事ですよ。

 

いくら日当たりが良くても、窓の外がすぐ道で、人通りも多いとなれば中々カーテンを開けにくいというもの。また、向かいの家の距離感が近いとこれもまた開けにくくなってしまいます。

 

僕の実家は土手のすぐ下にあるのですが、2階にあった僕の部屋は高さが丁度土手と同じくらいで、窓を開けるとランニングしているおっちゃん等の姿がダイレクトに目に入ってきてしまうので、基本は締め切っていました。薄暗い人間が薄暗い部屋で一日中過ごすとどうなるか。結果は言うまでもないでしょう。

 

人間には、闇を祓う“光”が必要なのです。“光”を取り入れられる環境にある部屋を選択しましょう。

 

2.テレビ用のコンセントが部屋のどこにあるか

 

コンセント位置、数のチェックは勿論のこと、テレビをつなぐ用のコンセントがどこにあるかは入念にチェックすべきです。それによってテレビを置く場所が必然的に限られてきてしまうので、お部屋のレイアウトに多大な影響を及ぼします。要チェックや。

 

3.共有wifiには注意

 

様々な電子端末を操る現代人。もはや生活必需品とも呼べるのはwifiの存在ですね。

 

部屋探しをすると、マンション・アパートに備え付けの無料wifiがある……なんてところもあったりしますが、これが要注意なんですよね。場所によっては回線速度が激遅で、まともにネットに繋ぐことができないなんてこともあったりします。

 

あまりネットを使わない……という方でないのなら、基本的にwifiは自分で契約する心づもりでいたほうが良いかと思います。

 

4.部屋内にハンガーをかけられるか否か

 

そして4番目。これが僕の中では一番大事にしたいポイント。何故なら、僕が今の部屋に住んでみて今の所唯一「失敗した~考えとけば良かった~!」と思ったポイントだからです。

 

部屋の中にハンガーとかをかけられるような出っ張りがあったりとか、そうでなければ突っ張り棒を設置できるようなスペースがあると良いです。

 

僕の部屋、何かをかけられるような場所がドア枠の一箇所か、カーテンレールしかないんですよね。新潟で暮らそうと思うなら、洗濯物は部屋干し前提で考えなくてはなりません。

 

すると、部屋干し用の物干しが必要になってくるのですが、コイツが結構スペース取るんですよね……。使わない時は畳んでおけばええやと思いましたが、勿論そんな面倒くさいことはせず、干したものは下げっぱですし。

 

部屋そのものに洗濯乾燥用の機能があると大変便利です。考慮してみてください。もし次僕が住む家を変えるとなったら、多分一番考慮する項目になると思います。

 

今日は以上!

 

0PEOPLE