【外回り営業マンの新潟ラーメン探訪記】麺や真玄 / 担々麺

季節はすっかり冬に移ろってまいりました今日この頃。厳しい寒さをしのぐため、コシのある極太ストレート麺で編んだマフラーはいかがでしょうか? というワケでどうも、新人営業ぬまじり(2年目)です。

 

さてさて、今日も張り切って食っていきましょう。何をって? ラーメンに決まってるんだよなあ! その中でも今回は久しぶりに赤い麺シリーズと洒落込みましょう。

 

 

中央区にあります麺や真玄さんにやって参りました。今年に入ってから何度か訪れているお店です。豊富なメニューが嬉しく、大盛特盛無料+追い飯追い麺無料という破格のサービスが嬉しい真玄さん。その中から僕が今日注文したのは……。

 

担々麺 850円

 

赤い麺の王様・担々麺です。見た目からも分かるようにここの担々麺はクリーミー系ですが、山椒系の香りもあります。具はメンマ・ネギ・挽肉とシンプルな構成。ネギに隠れてあんまり見えないけれど、その下に挽肉がこんもりと盛られています。

 

スープは見た目通り濃厚でドロドロ。ゴマの風味と甘味が気持ちよく鼻を抜けていきます。その中にある山椒系の痺れも心地よい。ベースは甘めですが、その中にあるピリっとした刺激が食欲をそそりますね。

 

挽肉は甘めの味付けがされています。なんかハーブ系の味もしたような気がしますが、それ以上は僕の貧乏舌では判別することが出来ず。あと、多分この挽肉の中に小海老が入っていた模様で、中盤からスープに浮くエビちゃん達に気が付きました。彼らが持つ特有の香ばしい甘さがスープにマッチします。滅茶苦茶入っているという感じはしないですが、意外なほど海老の風味は感じられますね。

 

麺は角のある細麺。スープと一緒にどろりと持ち上がります。歯ごたえがあるので、その中にあっても一本一本に存在感がある。

 

ちなみに、予想がつくことですが、ドロドロなのでアッツアツです。猫舌の僕は少々厳しい戦いを強いられました。「猫舌は食べ方が下手」などとよく揶揄されますが、熱いもんは熱いんだから仕方なくない? 上手に食べたところでラーメンの温度が下がるわけでもないし、火傷するほど熱いもんはどんな食べ方をしようが火傷しちまうやろがい!

 

最後は全世界のネコジターを代表して熱く語ってしまいましたが、やはりこの担々麺も美味しかったです。また行きたいと思います。まだまだ全メニュー制覇への道は遠い……。

 

 

0PEOPLE